ロード・エルメロイII世の事件簿 5 「case.魔眼蒐集列車 下」 角川文庫

三田誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041080788
ISBN 10 : 4041080789
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
400p;15

内容詳細

予想外の襲撃によってII世は倒れ、列車は大いなる脅威に遭遇する。グレイはカラボー、イヴェット、途中乗車したメルヴィンと協力し窮地からの脱出を試みる。複雑にもつれあう事件の終着駅は…?

【著者紹介】
三田誠 : TVアニメ化された『レンタルマギカ』のほかに『クロス×レガリア』など、ライトノベルの執筆を中心に活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 南北 さん

    ロード・エルメロイU世とヘファイスティオンのやりとりとヘファイスティオンの過去の境遇が印象に残りました。影武者ってそういうことなのか・・・。最後のグレイとメルヴィンの会話はいい読後感を残してくれました。今回登場したマスターとサーヴァントはこれで終わりではないと考えるとまだまだ期待できそうです。

  • よねはら さん

    過去の思い出を追いかけるのをやめ、目の前にいる過去の亡霊と戦う道を選んだエルメロイII世。推理小説の側面とFate世界らしい壮大なバトルが盛りだくさんで、まさに総力戦です。メルヴィンは友人ではあるものの、決定的なところで相容れない感じがしてちょっと怖いですね…

  • とかげのしっぽ さん

    ★★★☆☆魔眼蒐集列車後半。あのお爺ちゃんはそんな凄い魔眼を持っていたって訳ですか。正直、過去の事件がどう関わっていたのかイマイチ理解が追いつかず。イスカンダルの腹心サーヴァントがまさかのエクストラクラス。そんなクラスもあるのんな。FGOで実装されないかな?

  • ふらこ さん

    なんとか凌いだっていう感じではあったけれども。でも、生き延びたんだから、すごいっていう戦いだったなあ。グレイの武器の新形態とかシステムとか出てきてわくわく。親友殿が魔術師らしい残忍さがあってゾクゾク。良いと思うよ。残虐で悲惨なやつ。伝奇ホラーぽくて良い。次巻も楽しみですね。

  • 鳩羽 さん

    イスカンダルの忠臣を名乗るヘファイスティオンの襲撃で負傷したエルメロイII世に追い打ちをかけるように、魔眼蒐集列車は腑海林の仔に囚われ、グレイは途中乗車してきたエルメロイII世の友人メルヴィン等と現況の打破に努める。しかし英霊との力の差は圧倒的で……。一方、七年前の事件と現在の事件に、新たな展開が訪れようとしていた。…なぜ殺したか、の「なぜ」が二重写しにぶれるような、そんな解法だった。敵も味方もどちらでもないキャラも、みんな頑張ってる…と泣けてくる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三田誠

TVアニメ化された『レンタルマギカ』のほかに『クロス×レガリア』など、ライトノベルの執筆を中心に活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

三田誠に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品