レンタルマギカ 魔法使いの妹、再び 角川スニーカー文庫

三田誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784044249250
ISBN 10 : 4044249253
フォーマット
出版社
発行年月
2011年02月
日本
追加情報
:
281p;15

内容詳細

英国での“螺旋なる蛇”との対決の後、これから始まる大魔術決闘を前に“アストラル”へぽっかりと訪れた休息。そんな時、突然嵐はやって来た!いつきの義妹、勇花が再び訪ねて来たのだ!久しぶりの再会を喜ぶのも束の間「ひとつ、お願いしたいことがあって来たんです」という彼女の依頼とは!?一方、“協会”の穂波と猫屋敷、そして“旧アストラル”のメンバーは、来る大魔術決闘に向けて動き出していた―。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 皐月 さん

    短編集。ここ数ヶ月激動だった〈アストラル〉に訪れたたわいもない日々。いつきの妹・勇花!またやってきた。 「ひとつ、お願いしたいことがあって来たんです」今度はどんな依頼だ。

  • 柊龍司@中四国読メの会&読メ旅&読食コミュ参加中 さん

    最終決戦の前に、最期の息抜きで妹登場。 全員が笑って一緒にいることの出来るエンディングへの鍵はお父さんが握っているんだろうなぁ。 最終章へのプロローグってことで、次巻を待つ!それにしても、いつきの真の修羅場は大魔術決闘の後で誰を選ぶかだったりして。

  • 歌 さん

    兄妹の仲の良さ(笑)が良いなぁ。そして隻蓮さんとダフネさんがなんだこのファンサービス。昔はアディの思い出通り「やさしい」人だったオズワルドと隻蓮さんの友情が温かくて、エレオノーラさんや前恋人がせつなくて潔い。二人とも高潔で真っすぐで、いつきが言うような恰好良い魔法使い(と女性)だったんだなぁ。ギョームさんとあの方の関係は微笑ましくて吹いた。わお! しかし親父殿と古い社員達の掛け合いがww この人は一回いつきに「どこいってた馬鹿親父ー!」ってアッパーされるといいよ!(笑)

  • ダージリン さん

    3つの短編のどれも良いのですが、穂波と猫屋敷さんの「魔法使いを罰する魔法使い」としての仕事が気になっていたので満足です。そしてやはり伊庭司の登場がどんな波紋を投げかけるのか、今から非常に楽しみ!

  • σ(−。−) さん

    なんだか暗雲?次に行くのに、躊躇しちゃう。大丈夫だろうか?ずいぶん、深く、しゃがみ込んだ感じだけど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三田誠

ライトノベルの執筆を中心に活躍。多岐にわたり活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

三田誠に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品