レンタルマギカ 竜と魔法使い 角川スニーカー文庫

三田誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784044249106
ISBN 10 : 4044249105
フォーマット
出版社
発行年月
2005年12月
日本
追加情報
:
15cm,319p

商品説明

"気高きツメが彼らを引き裂く絶好調、異種魔法格闘戦第4弾!"

全てを視ることができるが故に、視たモノ全てを喚ぶ<妖精眼(グラム・サイト)>。強すぎるいつきのその力に<協会>は禁忌の力という疑いをかけ監視役フィンを派遣する。同門というだけあって穂波の過去を親しげに語るフィンにいつきは親しみと嫉妬の入り混じった奇妙な感情に包まれていた。しかしそんな日常の嘲笑うように地中深くに封印されていた最強の魔法生物が覚醒を始める。まるで<妖精眼>に呼び寄せられるように…異種魔術格闘戦第4弾!

内容詳細

全てを視ることができるが故に、視たモノ全てを喚ぶ“妖精眼”。強すぎるいつきのその力に“協会”は禁忌の力という疑いをかけ監視役フィンを派遣する。同門というだけあって穂波の過去を親しげに語るフィンにいつきは親しみと嫉妬の入り混じった奇妙な感情に包まれていた。しかしそんな日常を嘲笑うように地中深くに封印されていた最強の魔法生物が覚醒を始める。まるで“妖精眼”に呼び寄せられるように…。異種魔術格闘戦第4弾。

【著者紹介】
三田誠 : グループSNE所属。兵庫県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 皐月 さん

    全てを視ることができるが故に、視たモノ全てを喚ぶ“妖精眼”。強すぎるいつきのその力に“協会”は禁忌の力という疑いをかけ監視役フィンを派遣する。謎の組織「螺旋なる蛇」やアストラルの元社員隻蓮も登場。

  • KEI さん

    古本購入。良かった。竜の魔術的概念の説明にはっとした。古今東西の作品で見られる竜という概念を定義づけされ、眼からうろこが落ちた気分だ。1.力の比喩としての竜(例:Fate stay/nightに出てくるセイバーの力の象徴) 嵐や竜巻など超常現象として例えられる竜(例:天空の城 ラピュタの竜の巣) そして幻想種の竜。これは思わぬ収穫であった。続きにも期待。

  • らゆ さん

    謎が謎を呼ぶ巻ですね。イツキの妖精眼についての話や過去がわかってきましたが、なんとなくまだもやもや。今回登場したフィンも掴み所がなく、ファンタジー定番の<竜>が出てきたこともあって、全体的に夢を見ているかのような浮遊感がありました。まぁ、それもイツキの「あーちゃん」発言で覚醒させられましたが!ここぞというとこで決めてくるなぁ、この人は。穂波がようやく少し報われてよかったー。まだまだ不穏ですが、どうなっていくのかな?

  • 彼方 さん

    全てを視ることが出来る故に、視たもの全てを喚ぶ〈妖精眼〉。いつきのその力に禁忌の疑いをかけた協会から、穂波の同門でもある監視役・フィンが派遣されてくる第4巻。アストラルの古株社員のお兄さん、密教を操る隻蓮の登場や禁忌に触れる組織など何だか世界が広がって地盤が固まってきた感じ。竜の解釈や象徴の話も興味深く、しかしフィンは自分の他人の願いを叶えなければならない、という存在理由を否定されたからいつきにトドメを…?お互い影響されあっていたら面白いですが、味方にならないなら殺せみたいな誰かの指示でもあったのかな…。

  • シン さん

    物語がいい感じで進んでいき、今回初登場の隻蓮さんがとてもカッコいい話でした。まだ謎が多くあり、恋の行方やこれからの展開に期待です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三田誠

ライトノベルの執筆を中心に活躍。多岐にわたり活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

三田誠に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド