ジンカン 宮内庁神祇鑑定人・九鬼隗一郎 講談社タイガ

三田誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062941020
ISBN 10 : 4062941023
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
追加情報
:
288p;15

内容詳細

呪いを招く特殊文化財を専門とする、神祇鑑定人・九鬼隗一郎。就職活動に失敗した夏芽勇作の運命は、彼と出会ったことで、大きく変化してしまった。魔術に傾倒した詩人・イェイツの日本刀、キプロスの死の女神像、豊臣秀吉が愛した月の小面。実在する神祇に触れ、怪奇な謎を解くうち、勇作自身の秘密も引きずり出されてしまう。呪いと骨董と人の想い。相棒が導き出す結末は…!

【著者紹介】
三田誠 : ファンタジー、ミステリ、ゲーム小説など、ジャンルを越えた活躍を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ❄Masako❄ さん

    ★★★+呪いめいた逸話を持つ特殊な文化財を鑑定・保護する人を神祇(じんぎ)鑑定人、略してジンカンという。ジンカンである隻眼の男・九鬼隗一郎と特異な体質の青年夏芽勇作のコンビが呪いの謎を解明していく。イェイツの日本刀、キプロスの死の女神像、豊臣秀吉が愛した能面・月の小面。設定は面白くサブキャラも魅力的♪九鬼も夏芽も謎めいた過去があり、それが見え隠れするが今作ではハッキリしない。最後の最後で仲間も増えるし、これは続編ありますね(^-^)♪ 多少読みにくさを感じたのだが、三田さんの文章はこんな感じなのかな?

  • papako さん

    発売当時気になってた作品。なかなかテンポよくて楽しかった。呪いとかが絡んだ『特殊文化財』を鑑定管理する宮内庁神祇鑑定のお話。ただ説明が少なくて、描写が私にはつかみづらかった。だからなんとなーく読んだ部分も多い。きっとシリーズ幕開け、の話だからか。続いたら、もっと楽しめそう。しかしいきなり全裸の九鬼さんが、昔読んだ夢枕作品の九十九乱蔵か九十九三蔵に読めてしまった。

  • よっち さん

    就職活動に失敗した夏芽勇作が出会った呪いを招く特殊文化財を専門とする、神祇鑑定人・九鬼隗一郎。相棒となった二人が奇怪な謎を解いてゆく物語。魔術に傾倒した詩人・イェイツの日本刀、キプロスの死の女神像、豊臣秀吉が愛した月の小面。多くを語らない謎めいた九鬼によって明かされてゆく勇作が隠していた秘密と、勇作の力を上手く使って問題を解決してゆく九鬼。魔術や曰くある骨董品を絡めたオカルティックな内容で、登場人物たちもまたミステリアスで存在感がありましたし、彼らの関係がどう変わってゆくのか、続巻に期待のシリーズですね。

  • まりも さん

    呪いを招く特殊文化財を専門とする、宮内庁神祓鑑定人・九鬼。就職活動に失敗した夏芽の日常が、彼と出会った事で大きく変わる物語。呪いと骨頭と人の想いが複雑に絡み合い、怪奇な謎を呼び起こす今作。三田先生と言えばコレ!と呼ぶべき安定感のある展開、そして神話魔術考察の密度は素晴らしいの言葉に尽きます。設定自体はありふれたものなのに、三田先生の手にかかればこれだけ面白い物語になるとか本当スゴい作家さんだなぁ。濃ゆい上司陣も中々に楽しかったし、シリーズ化するなら是非とも続きを読んでみたい。そう思わせてくれる作品でした。

  • ぽろん さん

    呪いを招く特殊文化財を専門とする、神祇鑑定人という聞きなれない職業に興味を覚えて新刊コーナーからお持ち帰り。ことごとく就活に失敗した新人がこちらに拾って貰った理由も驚く。今回は、彼等のご紹介という所だろうか。新たに加わった元公家の明麿にも秘めた力がある様子。パワーアップした彼等の次巻での活躍が気になる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三田誠

ライトノベルの執筆を中心に活躍。多岐にわたり活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

三田誠に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品