アルキメデスの大戦 18 ヤングマガジンKC

三田紀房

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065177235
ISBN 10 : 4065177235
フォーマット
出版社
発売日
2019年11月06日
日本
追加情報
:
208p;19

内容詳細

櫂が上海の物資集積所を爆撃した作戦を応用し、ドイツが周辺国を相次いで爆撃。そしてポーランドに侵攻し、第二次世界大戦の口火が切られる。海軍上層部は関係強化のため日独伊三国同盟の締結を提案するが、櫂はドイツとの接近こそが日米開戦の引き金だとし、反ヒトラーを訴える。さらに櫂は、関係が悪化する米国と和平交渉を実現すべく、ある大胆な作戦を実行する!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 笠 さん

    4 新刊読了。ドイツがポーランドに侵攻し、ついにWW2が幕を開ける。ヒトラー率いるナチスドイツの日本へのすり寄り、日米交渉の開始など、できごと自体は史実だが、常にその中心にフィクサーのごとく櫂がいる。一方で、本作で登場した、旧日本軍の愚将の代表格ともいえる牟田口など、実名の歴史人物もガンガン登場する、このフィクションと史実のバランスが絶妙で面白い。また今回の日米交渉にしても序盤の大和建造会議にしても、動きのない会議シーンでこれだけ面白くできるのはやっぱりすごい。何より半端ないのは速筆、多作ぶりだが。

  • 愛理ちゃん88 さん

    日米和平協議の櫂中佐の交渉術のストーリーを考えた作者の力量に感服した

  • 冬道 さん

     菅田将暉による邦画を見たことによって、興味がわいてきたので、最新刊?のみレンタルしてみました。映画は、戦艦大和にまつわる太平洋戦争時であったと思ったのですが、この巻では、日中戦争あたりでまだ真珠湾よりも前のお話でした。この濃い内容を2時間の映画に収めるのは、かなりの圧縮作業であったことでしょうね。原作にも興味がわきました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

三田紀房に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド