アルキメデスの大戦 17 ヤングマガジンKC

三田紀房

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065167281
ISBN 10 : 4065167280
フォーマット
出版社
発売日
2019年08月06日
日本
追加情報
:
208p;19

内容詳細

櫂が立案、参加した上海への渡洋爆撃は、成功したが中国軍との交戦により坂巻ら7名が戦死する。生還した櫂は、嶋田らに全航空機へ防弾装備を施す機体改修を訴えるが、反感を買い謹慎処分に。そんな櫂のもとを外務省の丹原が訪れ、中国にいる東条英機に会いに行くと話す。戦争拡大を阻止すべく、櫂は正体を隠して丹原と共に中国へ!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • momogaga さん

    レンタル。「過去に目を閉ざす者は、現在にも盲目になる」の言葉を思い出しました。東条英機が目指した、大東亜共栄圏。その夢想が第二次世界大戦へ突き進むことになったということを。

  • ナオキ さん

    かなり以前、電子書籍にて購入したり、レンタルで借りて来たもの読了。登録していなかったので登録用でカキコ。詳細は後日アップ予定。爆撃機の対人保護対策や無線の質向上を訴えるも却下され、その事で嶋田の不興を買った櫂。謹慎を言い渡されるも満州へ。

  • 笠 さん

    3.5 新刊読了。日中戦争の最前線にいる東條英機に、戦線拡大の中止を直談判するために中国へと旅立つ櫂。戦争を煽った当時の新聞の責任を強調しつつ、計画通り東條英機に直訴するのだが、当然聞き入れられるはずもなく。櫂は現実的、人道的の両方の見地から徹底的に反戦の立場を堅持しているが、ぶっちゃけ個人的には、時代の流れ的に帝国主義に走ったのは仕方ない部分もあったなと思う。問題は勝てなかったことであって…その大戦犯とも言えるインパール作戦の牟田口が次巻に登場するらしい。どう描かれるんだろう。

  • こっこ さん

    東條英機を止める事が出来なかった。無能な 上司&クズな新聞屋など「戦争」したがりばかり。 戦争の本当の姿が見えていない愚か者。 ここから先はもう希望も見えない。

  • 愛理ちゃん88 さん

    「東條を殺せ!」鬼気迫る描写でした

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

三田紀房に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド