牙 アフリカゾウの「密猟組織」を追って

三浦英之

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784093886949
ISBN 10 : 4093886946
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
245p;20

内容詳細

密猟組織のドン、過激派テロリスト、中国大使館員、日本の象牙業者。虐殺の「真犯人」は誰だ!?第25回「小学館ノンフィクション大賞」受賞作。

目次 : 序章 大地の鼓動/ 第1章 白い密猟者/ 第2章 テロリスト・アタック/ 第3章 キング・ピン/ 第4章 象牙女王/ 第5章 訪ねてきた男/ 第6章 孤立と敗北/ 終章 エレファント・フライト

【著者紹介】
三浦英之 : 1974年、神奈川県生まれ。朝日新聞記者、ルポライター。南三陸駐在、アフリカ特派員などを経て、現在は福島・南相馬支局員。2015年、『五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後』で第13回開高健ノンフィクション賞を受賞。18年、『日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか』(布施祐仁との共著)で第18回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞、『牙―アフリカゾウの「密猟組織」を追って』で第25回小学館ノンフィクション大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ♡ぷらだ♡ さん

    表紙の迫力ある写真がきになって手にとった1冊。朝日新聞の元アフリカ特派員が近いうちにアフリカゾウが絶滅するという衝撃的な内容に迫る。日本人が買い求める象牙の印鑑が、アフリカゾウ密猟につながっているという事実。その密猟は国家やテロリストの資金源になっているという事実。バラバラに見えることが1本の糸でつながっている。真ん中くらいに掲載されているアフリカゾウの「サタオ」の写真があまりにも衝撃的で言葉も出ない。象牙の印鑑についてあまりにも知らなさすぎた。

  • おかむら さん

    密猟はダメだよね、希少な野生動物は保護しないとね、となんとなくそう思ってるけども、遠いアフリカの象が象牙のためにこんなことになってるなんて考えたこともなかったわ…。1番悪いのはだれか。金のために密猟する現地の人か、賄賂もらって黙認する役人か、大量に買い漁る中国か、それとも…。色々ショッキングな内容で、これは読んで良かった。といってもマジメ一辺倒ではなく、密猟組織を探っていく新聞記者と現地スタッフの相棒(マサイ人)のナイスなコンビっぷりや危険な領域に踏み込んでしまったサスペンス要素も読みどころ。

  • ばんだねいっぺい さん

     これを読んで、もともと拘りはなかったけど、象牙なんていらんと思った。余りにも凄惨な殺戮の現実(小ゾウ、母ゾウ、メトリアーチがターゲットとなる。)。発達したテクノロジーが加速させる一刻の猶予もない頭数の減少。そして、最後につきつけられるのは、日本の愚鈍さという辛辣なオチ。うーん。

  • Takeya さん

    アフリカゾウ虐殺の「真犯人」は誰だ!? アフリカで年間3万頭以上のゾウが牙を抉り取られ虐殺されている。野生のゾウは絶滅の危機に瀕し今後十数年のうちに地球上から姿を消してしまうと言われている。その犯人は象牙の国際密猟組織。元アフリカ特派員の筆者は密猟で動くカネが過激派テロリストの資金源になっている実態に迫り背後に蠢く中国の巨大な影を見つける。そして問題は象牙の印鑑を重宝する私たち日本人へと繋がっていく。密猟組織のドン、過激派テロリスト、中国大使館員、日本の象牙業者。虐殺の「真犯人」とはいったい誰なのか――。

  • 遊々亭おさる さん

    アフリカゾウは知能が高く、人間と同じような親子関係を築いて生きているという。そんな彼らを絶滅の瀬戸際に追いやるのは象牙で出来た商品を愛好する文化を持つ日本や経済発展で潤う中国で象牙の需要が伸びたことに起因する密猟の増加。知能で命の優劣を決めるのは独善でしかないが、事はそれだけに止まらず密猟で生まれた金はテロリストの資金源にもなっている。象牙の売買を禁止する方向で進められた国際会議では日本の主張の一部が認められ玉虫色の決着を見た。文化を守るのか、それとも負の連鎖を断ち切るか。日本は国際社会から問われている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品