エレジーは流れない

三浦しをん

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784575243970
ISBN 10 : 4575243973
フォーマット
出版社
発行年月
2021年04月
日本
追加情報
:
256p;19

内容詳細

海と山に囲まれた餅湯温泉。団体旅行客で賑わっていたかつての面影はとうにない。のどかでさびれた町に暮らす高校2年生の怜は、複雑な家庭の事情、迫りくる進路選択、自由奔放な友人たちに振りまわされ、悩み多き日々を送っている。そんななか、餅湯博物館から縄文式土器が盗まれたとのニュースが…。モヤモヤした日常を吹き飛ばす青春群像小説!

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
もっちもっち〜と、のんびりした歌が流れる...

投稿日:2021/06/12 (土)

もっちもっち〜と、のんびりした歌が流れる商店街で暮らす高校生の怜。母親が二人いるという特殊な家庭の事情にもやもやしつつ、奔放な友人に日々振り回されています。しかし自分のピンチに、友人や近所の人たちが立ち上がります。ほっこり、ワクワクの楽しい青春群像小説です!

はれ さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    三浦 しをんは、新作中心に読んでいる作家です。 本書は、令和というよりも、昭和な青春グラフティ(ミステリ)の佳作でした。懐かしさを感じました。 https://www.futabasha.co.jp/introduction/2021/miura_elegy/index.html

  • ウッディ さん

    山と海に囲まれた餅湯温泉で土産物店を営む母と二人暮らしの高校生・怜。個性的な同級生たちと過ごす怜には、毎月一週間だけ、もう一人の母と過ごす時間があった。複雑な家庭環境で育った故か、自我を主張できず、一歩引いてしまう怜ではあったが、寂れゆく土産物屋を一人で切り盛りする母をいたわり、家事や店を手伝い、もう一人の母への気遣いもできる怜の優しさに惹かれた。しをんさんらしい軽妙なやり取りや男子高校生のアホっぷりにニヤニヤしながらも、自分の進むべき道に悩んだあの日の自分を思い出し、ノスタルジックな気分になった。

  • 射手座の天使あきちゃん さん

    「♪ババンバ バン バン バン… いい湯だな いい湯だな…」と能天気な歌か聞こえてきそうな温泉街で、モヤモヤとした日常を生きる高校生達の青春群像劇でした。しをんさんのエールが聞こえてきそうな優しさあふれるストーリーに思わず和みました。 今回はジェンダーフリーのディープな世界が多いしおんさんには珍しく、愛美と竜人のバカップルも花を添えておりました(笑)

  • Makoto Yamamoto さん

    山と海に囲まれた餅湯町の高校生の物語。高校2年生の主人公怜、竜人、丸山、心平の四人組がいい。怜には母親が二人いる複雑な環境。 この中で野球部の竜人、絵描きを目指す丸山、サッカーの心平が将来を考え成長。 前半はチョット乗れなかったが、後半黒ずくめの男が出てきてからスッと読めた。 怜が一番普通に近いけど、残りの三人もいい仲間だと思う。

  • うっちー さん

    軽めの作品。餅湯は私には熱海に思えました

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三浦しをん

1976年東京生まれ。2000年『格闘する者に○』(草思社)でデビュー。06年『まほろ駅前多田便利軒』(文藝春秋)で直木賞、12年『舟を編む』(光文社)で2012年本屋大賞、15年『あの家に暮らす四人の女』(中央公論新社)で織田作之助賞。19年には『ののはな通信』で島清恋愛文学賞、河合隼雄物語賞を受

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品