DRAGON QUEST-ダイの大冒険-9(聖剣の章 1)集英社文庫

三条陸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784086180719
ISBN 10 : 4086180715
フォーマット
出版社
発行年月
2003年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,312p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
マァムの武闘家の新衣装も素晴らしいデザイ...

投稿日:2021/04/13 (火)

マァムの武闘家の新衣装も素晴らしいデザインですし、お師匠様のちょっとふざけた感じだけど実は強いというのもジャンプの王道感がありますね、亀仙人みたいな・・・このへんから独自路線になってきた気がします。

komusou さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 本木英朗 さん

    ダイとポップはロモス武術大会へと行くことになったが、残念ながらもう出席は終わりであった。しかしマァムが武術化として出ていたことを知る。さらにチウという大ネズミも出てくる始末だ。まあこっちはすぐに負けるのだけれど。そしてマァム他7名が決勝トーナメントに行こうとしていたところ……という話である。うーん、面白いよねえ。とにかく読もう。その一方、ハドラーはミストバーンと何やら相談していたのだが、それはまた10巻かなあ。いやいや、ますますすごいってば、うん。

  • 本木英朗 さん

    元魔物(?)のチウ……。うーん、うーん。

  • JACK さん

    ◎ 竜の騎士の力はとてつもない破壊力を持つが、その強さゆえに自分の武器すらも壊してしまう。ダイは竜魔人と化したバランと再び戦うまでに、竜の騎士の全力に耐える武器を見つけなければならない。パプニカで行われる武術大会の優勝賞品が伝説の武器「覇者の剣」だと聞いたダイたちはさっそくパプニカへ向かうが、そこには懐かしい人がいたのだった…。「最初からカッコイイ人間などひとりもいない。自分の限界の壁に真正面から衝突した者のみが成長できる」との老師の言葉はなかなか良かった。

  • 砂糖と塩 さん

    今回は武術大会の話…というより、それを利用しようとした魔族との戦いがメイン。あらすじは至ってシンプルで、一冊の半分以上が戦闘シーンという構成なのに、ダイ、ポップ、マァムとそれぞれ違う形での成長が盛り込まれ、ピンチと逆転も連発で、読んでいてグイグイ引き込まれます。今回も敵役はいい感じ。ポップやマァムからクズ野郎だの最低だの言われる生きざまをブレることなく貫きつつ、最期はその二人からさえも看取られるように散っていくとか…いやぁ、単発の敵で終わらせるには惜しいヤツでした。

  • Vier さん

    怒涛の流れもやや一休みな感じ。ザムザって切ない奴だな……読み返してなんかじんわりきた。ダイとザムザの対比がうますぎると思う。あ、マァムおかえり!!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三条陸

脚本家・漫画原作者。1964年10月3日生。1986年OVA『装鬼兵M.D.ガイスト』で脚本家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

三条陸に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品