DRAGON QUEST-ダイの大冒険-2(集結の章 1)集英社文庫

三条陸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784086180641
ISBN 10 : 4086180642
フォーマット
出版社
発行年月
2003年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,317p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
仲間がどんどん増えてきて冒険のワクワク感...

投稿日:2021/04/12 (月)

仲間がどんどん増えてきて冒険のワクワク感が高まってきますね。六大軍団長の登場なども子供心にめっちゃカッコいい!と思ったのを覚えています。ドラクエの世界観がそのまま落とし込まれたような緻密な設定が当時大流行した理由の一つかもしれません。

komusou さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 扉のこちら側 さん

    初読。2015年510冊め。気弱で日和見なポップが、ダイやマァムの戦う姿を見て勇気を出す。まさにあの時代の少年ジャンプって感じ。

  • 本木英朗 さん

    やっぱりポップとクロコダインだよねえ、ウフフ。

  • 本木英朗 さん

    2巻では、女性のマァムが入ったことでダイは当然、ポップも出てきたのがねえ。しかし一方で獣王クロコダインというやつが出てきたし、さらに妖魔司教ザボエラというやつだって出てくる始末だ。果たしてダイたちは勝てるのだろうか。その辺はまあ読めばいいけれどねえ。……というわけで次は3巻だろうか。では、また。

  • JACK さん

    ☆ ダイとポップの二人は師匠、伝説の勇者アバンの遺志を継ぎ、大魔王を倒す旅に出た。やがて二人の前に、不思議な武器を持つ少女マァムが現れる。そして、魔王軍の獣王クロコダインが登場。圧倒的な強さの敵にポップは苦悩する。落ちぶれた魔法使いのアドバイスが胸にしみます。「勇者とは勇気ある者。そして真の勇気とは打算なきもの。相手の強さによって出したり引っ込めたりするのは本当の勇気じゃない」、「さあ早く行け。胸に勇気のかけらがひと粒でも残っているうちに。小悪党にはなりたくなかろう?」誇りと勇気の尊さを描く物語です。

  • 白義 さん

    「恐怖へと立ち向かうこと」が勇気の一つの本質とするなら、逆説的だが弱く愚かな部分を持った人間こそ、勇気の輝きがより強い、と思うと本当にポップがクロコダインに立ち向かったシーンにはしびれるし、それを送り出したのが小悪党の偽魔法使いのじいさんだというのがさらに胸に来る。ザボエラの外道っぷりがすでに胸くそ悪いが、対して利用されながらも男を見せるクロコダインがよくて、敵幹部の一枚岩じゃなさとか濃さが一発でわかって素晴らしい

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三条陸

脚本家・漫画原作者。1964年10月3日生。1986年OVA『装鬼兵M.D.ガイスト』で脚本家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

三条陸に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品