私の方丈記

三木卓

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309022635
ISBN 10 : 4309022634
フォーマット
出版社
発行年月
2014年02月
日本
追加情報
:
189p;18

内容詳細

人生の原点がここにある。混迷の時代に射す光、現代語訳「方丈記」。引揚者として激動の戦中戦後を生きた著者が、自身の体験を「方丈記」に重ね、人間の幸福と老いの境地を見据えた名著。

目次 : 現代語訳 方丈記/ 私の方丈記(川について/ こととの出会い方/ 災難の多い通のこと/ 生き残りかたのこと/ 遷都について/ 貧を生きるということ/ 政治なるもののこと/ 居住空間について/ 風景について/ 密室で気楽にすることについて/ 友達について/ 山の端の気分について)/ 方丈記 原文

【著者紹介】
三木卓 : 1935年、東京生まれ。早稲田大学文学部露文科卒業。73年「鶸」で芥川賞、85年「馭者の秋」で平林たい子賞、89年「小噺集」で芸術選奨文部大臣賞、97年「路地」で谷崎潤一郎賞、2000年「裸足と貝殻」で読売文学賞、2006年「北原白秋」で毎日芸術賞、藤村記念歴程賞、蓮如賞をそれぞれ受賞。2007年、日本芸術院賞恩賜賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Mijas さん

    「われ、今、身のためにむすべり。」この世に永遠に続くものは何もない。続かない幸せ、無常の幸せとは何だろう。目的を得ることではない。足るを知ること。方丈記の意味するところを自身の体験に重ね合わせたエッセイ。満州時代と引き揚げ後の貧困と苦悩、肉親の死、会社を辞め、病気がちであった。そんな中でも生きることだけは守るべき価値がある。筆者の綴る文章に引き込まれた。方丈記を引用しながらのエッセイだが、筆者と同じく、仁和寺の僧が死者たちを供養して歩いたというくだりに心動かされた。そして方丈記の素晴らしさを改めて知った。

  • 森の三時 さん

    方丈記現代語訳、三木さんのエッセイ、方丈記原文の3部構成。ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。高校生の頃は、書き出しの美しさに惹かれましたが、それ以上の共感はありませんでした。人生経験を経た今読み返すと、大火事、竜巻、遷都による混乱、飢饉、大地震と津波など、京の人々を襲った災難の数々とそれによりもたらされた理不尽な人々の死を見つめ続けた鴨長明の心境が理解できるようになりました。また、三木さんも若い頃から大変なご苦労をされていた。更に人生経験を積み、おじいちゃんになったらまた読んでみます。

  • きみさん さん

     まず現代語訳があり、著者のエッセイが続き、最後に原文という、心憎い構成。担当編集者の腕の良さかしら? 天変地異については、現代に通じるものがあり、とても身近に感じられた。 有名な「広さはわづかに方丈」の部分を改めて読み、憧れに似た思ひを抱いた。

  • サボテンX さん

    大昔、大火では数千人が死ぬ。日照り、台風、洪水が続いて2年連続の飢饉に加えて疫病が流行る。さらに「もっとおそろしいのは地震」とのこと。  鴨長明が生きた時代は、なんと凄まじい時代であったことか。本当に死が隣り合わせの時代だったのだと文章を読んでいて感じた。三木卓が経験してきた戦後も大変な時代だった様子。それを考えると今の時代、色々苦しいことも我慢できるかも。

  • やま さん

    現代語訳、エッセイ、原文という珍しい構成。方丈記自体もエッセイも、天災や戦災の悲惨な情景が書かれていながら、どことなくユーモラスな印象が残る。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三木卓

1935年、東京生まれ。早稲田大学文学部卒業。67年『東京午前三時』でH氏賞、73年「鶸」で芥川賞、97年『路地』で谷崎潤一郎賞、2000年『裸足と貝殻』で読売文学賞、06年『北原白秋』で毎日芸術賞、藤村記念歴程賞、蓮如賞を受賞。07年、日本芸術院賞・恩賜賞受賞。13年『K』で伊藤整文学賞受賞(本デ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品