乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 8 GCノベルズ

三嶋与夢

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784867161579
ISBN 10 : 4867161578
フォーマット
発行年月
2021年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
孟達 ,  
追加情報
:
355p;19

内容詳細

半ば強制的に休養をとることになったリオンは、嫁3人との騒がしくも穏やかな時間を過ごしていた。だが、やはりトラブルはやってくるもので…。なんと伯爵家がお見合いのために、リオンたちのもとへと訪れたのだ。その伯爵家―ローズブレイドはリオンの先輩であるディアドリーの生家である。すわ、活躍著しいリオンの4人目の嫁候補かと思いきや、それは違っていた。目的はディアドリーの姉であるドロテアと、リオンの兄であるニックスとの縁談だという。首輪(犬用)が結ぶハートフル・ラブストーリーが今始まる!?

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
今回の話はメインストーリーの間の閑話みた...

投稿日:2021/06/30 (水)

今回の話はメインストーリーの間の閑話みたいな感じ。主人公リオンの兄貴のお見合い珍道中ですね。出会いが出会いでしたが最終的には両思いの二人がハッピーエンドでよし。主人公一家がなんだかんだで仲が良いのもいい感じです。

hhi さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しまふくろう さん

    続けて購入。絵はとても良い。ケモ耳メイド姿のアンジェとリビアは勿論、新キャラのドロテアもセクシーで大変宜しかった。表紙の二人は挿絵では大人しかったのが残念。 物語は帰国後のあれこれと箸休め回。話は進まず、リオンを取り巻く情勢などの説明と本人の自覚がメインだった。それだけなのにかなり波乱万丈なのが面白い。 幸運をつかみ取ったドロテアと比べて、クラリスの状況がちょっと悲惨と言うかいたたまれないのが可哀想。良縁に恵まれると良いのだが。 続きが楽しみ。

  • skikku さん

    今回は本当に平和でしたね〜王国に戻ってきたけどリオンが睡眠薬を使って寝ていると知った嫁達によって休みを取ることになり実家に帰ったら、リオンを取り込むために兄に結婚を迫る貴族がいて最初は伯爵以外誰も望んでいなかったけど、リオンの作戦()から想定外の方向に変わっていきニックスとドロテアがいい感じになっていくのがエエハナシダナ〜という1巻でしたとさw兄は良い結果になったけど弟はノエルに自覚してなかったけど恋をしてしまったが、ノエルがリオンだけに見せる顔を見て初恋と失恋をするわけだけど今後に救いあれ。

  • hpk0512 さん

    web既読。前巻は重いハナシでしたが今回は幕間の日常で楽しかったですね。 ドロテアさんはマリエルートで以前から出てましたが本編でも本格登場ですか。 コリンの初恋もwebからだいぶふくらませてありました。 あとはクラリス先輩がむくわれてほしいなー…… 次巻も期待しています

  • Len さん

    めっちゃ面白かった! 主人公がめっちゃ好き、ヒロイン達も可愛い!

  • 416 さん

    シリーズ第八巻、今巻も安定して楽しく読ませていただきました。内容としては箸休め回あるいは補完回とでも言った内容でリオンの兄ニックスの婚約の話、弟コリンの失恋の話といったリオン周りの話だったと思います。日常編なはずなのにかなりカオスな印象はありましたが、このシリーズらしいなあと思わされるところですね。しかし、表紙の二人の印象が薄く、少々勿体ない気がしました。メインの3人と王妃に加えてこの二人も結構好きなので、逆転要素を望みたいところです。何はともあれ次巻からの展開も非常に楽しみです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三嶋与夢

著書に『ドラグーン〜竜騎士への道〜』『脇役勇者は光り輝け』(ともに、わい名義)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品