告白 三島由紀夫未公開インタビュー 講談社文庫

三島由紀夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065173855
ISBN 10 : 406517385X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
233p;15

内容詳細

自決9ヶ月前。最後の長編小説『豊饒の海』第三巻「暁の寺」脱稿日に語られ、 今まで公開されることのなかった貴重なインタビュー音源が発見された。
くつろいだ様子でてらいなく自身の文学観、芸術観、戦後観を語るその口調に、従来のイメージをくつがえすような「素顔の三島」が表れている貴重なインタビュー。 「群像」2017年3月号に部分掲載されて各メディアで大反響を呼んだ第一級の資料を全文公開した単行本を文庫化。
「これをわかってくれれば、僕のやりたいことは全部わかる」と三島がインタビュー中で語った評論「太陽と鉄」を併録。

【著者紹介】
三島由紀夫 : 1925・1・14〜1970・11・25。小説家、劇作家。東京生まれ。学習院時代からその文才が注目され、’44年、東京大学入学と同時に『花ざかりの森』を刊行した。’47年、東大卒業後、大蔵省に勤務するが、翌年辞職。’49年、『仮面の告白』で不動の地位を確立することとなる。『金閣寺』『鏡子の家』『近代能楽集』他、絢爛たる美意識で構築された作品を次々と発表。海外での評価も高く、ノーベル文学賞受賞が期待された。’68年、楯の会結成。「豊饒の海」の最終回を書き上げ、市ヶ谷陸上自衛隊東部方面総監室にたてこもり、割腹自殺を果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • reading さん

    非常に貴重な文献。さすがは天才三島の告白であり、内容はかなり難解。あとがきも非常に興味深い。美輪明宏や松本道子編集者が登場し、南馬込の邸宅でのエピソードも目に浮かぶよう。市ヶ谷台ツアーというものがあると知り、参加してみたい。

  • かずぼん さん

    三島没後50年という節目の年であること、改めてそんなに経ったのかと思わされる。そして、新しいと思われている人物の情報もまだ世に知られていない事があるのだとも思う。ちょうど、東大全共闘と三島由紀夫という記録映画が明日から公開されるタイミングでもあり、これまで自分の中では決して身近ではなかった三島由紀夫について、戦中から戦後の日本の現代史を振り返る意味でも読み深めていこうと思わされる一冊であった。解説文を読むと、資料の検証の綿密さ、生き証人が少なくなってきているなかでの確認作業の難しさにも興味が持てる。

  • Ohe Hiroyuki さん

    本書は、TBSテレビに報道記者を務めていた小島氏が、発掘した三島由紀夫の未公開インタビューを採録し、三島由紀夫がこれを読めば、僕のやりたいことは全部わかると述べて書いた「太陽と鉄」が収録されている。▼インタビューでは三島の美意識が存分に、かつ、自由に述べられている。ごまかしは嫌いだとの発言に彼の人格が表れている。▼太陽の鉄は、章立てがほとんどない途切れのない文章である。小説でもなく、自伝でもない。彼が肉体を鍛えることを通して何を考えているかはよく分かる。▼三島由紀夫を知るに好個の一冊といえよう。

  • よいおいこらしょ さん

    インタヴューと「太陽と鉄」。紙幅の半分以上は太陽と鉄だったし、インタヴュー自体の量はそれほどではない。しかし、その質は高く、後半の太陽と鉄を読む上での十分な足がかりになる。いや、むしろ、本人からの解説と言っても過言ではない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

三島由紀夫

1925‐1970。東京生れ。本名、平岡公威。1947(昭和22)年東大法学部を卒業後、大蔵省に勤務するも9ヶ月で退職、執筆生活に入る。’49年、最初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行、作家としての地位を確立。主な著書に、’54年『潮騒』(新潮社文学賞)、’56年『金閣寺』(読売文学賞)、’65年

プロフィール詳細へ

三島由紀夫に関連するトピックス

  • KADOKAWAとっておきBlu-rayセレクション 「追悼・京マチ子... 全作品「等倍解像処理」などを施した高画質!1年間で約30タイトルをリリース予定。 大映作品は業界初シークレットDV... HMV&BOOKS online|2019年06月14日 (金) 00:00
    KADOKAWAとっておきBlu-rayセレクション 「追悼・京マチ子...
  • 三島由紀夫の隠れた名作 没後45年を経て、新たに注目を集める三島由紀夫のユニークかつ哲学的な傑作『命売ります』。自殺に失敗し、「命売ります。... HMV&BOOKS online|2015年11月04日 (水) 09:52
    三島由紀夫の隠れた名作

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品