三山ひろし
新商品あり チケット受付中

三山ひろし プロフィール

三山ひろし | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

三山ひろし

三山 ひろし(みやま ひろし、1980年9月17日 - )は、高知県南国市出身の演歌歌手。本名、恒石 正彰(つねいし まさあき)。

人に安心感と活力を与えるその声は「ビタミンボイス」と呼ばれる。

略歴

小学生のときに両親が離婚し、中学1年で新聞配達を始め、高校卒業後は地元のガソリンスタンドに就職。祖母の勧めで一緒に詩吟教室に通い、詩吟の師匠になる道も勧められたが、演歌が歌いたかったため本格的に演歌のレッスンを始めた。

2004年1月に地元の高知県で開催された「NHKのど自慢」(土佐清水市大会)に出場。氷川きよしの「白雲の城」を歌い、その大会のチャンピオンになった。3月には2003年度NHKのど自慢グランドチャンピオン大会にも出場。

歌手を志し、25歳で上京。演歌歌手の松前ひろ子の店「LIVEレストラン青山」でウェイターとして働きながら、松前の夫で作曲家の中村典正(なかむらてんしょう)の下で3年間修業する。出身の高知県が三方を山に囲まれていること、師匠の中村典正の別名「山口ひろし」から名前をとって、芸名を「三山ひろし」とした。

2007年7月、「日本クラウン創立45周年記念新人オーディション」で準グランプリを受賞する(グランプリは桜井くみ子)。2009年に「人恋酒場」でデビュー。2010年9月にデビュー曲「人恋酒場」が10万枚を突破しゴールドディスクに認定された。2011年12月30日、第53回日本レコード大賞「日本作曲家協会奨励賞」を受賞した。2012年発売の5枚目のシングル「男のうそ」でオリコン演歌チャート1位を初獲得した。

2013年5月、高知市から「よさこい親善大使」に認定された。高知のよさこい祭りを全国にPRする役で、認定は2003年の都はるみ、2004年のソニンに次ぐ3人目。

2013年頃からコンサートの余興としてけん玉を始め、日本けん玉協会会員となり全国に600人しかいない二段を取得し、2015年には三段を取得。ステージで歌いながらけん玉を披露することもあり、「けん…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%