火垂るの墓 コミック版 MANGA BUNGOシリーズ

三堂司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834263084
ISBN 10 : 4834263088
フォーマット
出版社
発行年月
2010年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
187p;16

内容詳細

終戦…蛍のように儚く消えた二つの命。激化する戦火の下、兄妹で生きることを選んだ清太14歳と節子4歳。愛情と無情が交錯する感涙の物語。

【著者紹介】
野坂昭如 : 1930‐。神奈川県鎌倉市に生まれる。旧制新潟高校卒業後、早稲田大学文学部仏文科に入学し、在学中より放送作家や作詞家として活躍。1963(昭和38)年「おもちゃのチャチャチャ」の作詞で、日本レコード大賞の童謡賞を受賞した。同年、小説「エロ事師たち」で作家としてもデビュー。1967(昭和42)年には第58回直木賞を「火垂るの墓」「アメリカひじき」で受賞した。戦後社会を生きる民衆の姿を描き、焼跡闇市派といわれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 刹那 さん

    切ない…(-_-;)けど、戦争中はこんなことが、いたるところであったんだろうな…

  • だんぶる さん

    娘が読んでたらしい。映画しか見たことがなかったが、漫画もやっぱり悲しい〜

  • もすけ さん

    私には、ふたりの子供がいます。この小説と同様に兄、いもうとです。 身につまされた… 戦争は徹底して無慈悲だなと感じました。

  • ペコ子 さん

    アニメで見ましたが本でも泣きそうになりました。最後のドロップは切ない。

  • 絵具巻 さん

    文京区立真砂図書館で借りました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品