CD

ヴァイオリン協奏曲第4番、第5番 グリュミオー、ロザンタール&ラムルー管(限定盤)

ヴュータン(1820-1881)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD9821
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤

商品説明

グリュミオー1000
ヴュ−タン:ヴァイオリン協奏曲第4番、第5番


グリュミオーがその伝統を引き継いだヨーロッパの偉大なヴァイオリン楽派「フランコ=ベルギー派」の創始者であったヴュータンならではの、きわめて甘美でロマンティックな情感あふれる2曲をとりあげ、過度な感情移入をおさえた端正な演奏が、聴くものの心に迫ります。(ユニバーサルミュージック)

【収録情報】
ヴュータン:
1. ヴァイオリン協奏曲第4番二短調 op.31
2. ヴァイオリン協奏曲第5番イ短調 op.37

 アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)
 コンセール・ラムルー管弦楽団
 マニュエル・ロザンタール(指揮)

 録音時期:1966年3月(1)、1963年12月(2)
 録音場所:パリ
 録音方式:ステレオ(セッション)

内容詳細

フランコ=ベルギー派の創始者、ヴュータンを採り上げた一枚。その伝統を引き継いだグリュミオーが、甘美でロマンティックな情感あふれる2曲を、過度な感情移入を抑えた端正な演奏でしっかりと表現。心に迫る名演となった。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ベルギー出身でフランスで活躍した作曲家・...

投稿日:2015/12/29 (火)

ベルギー出身でフランスで活躍した作曲家・ヴァイオリニストのアンリ・ヴュータン(1820~81)はヴァイオリンのヴィルトゥオーソとして文字通り世界を飛び回るような多忙な日々を過ごす一方で、作曲家としても精力的な創作活動に勤しみ多くの作品を残した。代表作は7曲あるヴァイオリン協奏曲で、特に第4番と第5番は完成度の高い作品として評価されていて現在でもしばしば演奏されている。 本盤はヴュータンと同じくベルギー出身でフランスで活躍したヴァイオリニストであるグリュミオーがソリスト、ラヴェルの直弟子として知られるロザンタールが伴奏指揮を担当している。同郷の大先輩の作品だけあってグリュミオーも気合いが入っているのか、熱気を感じさせる演奏である。それでいて彼の最大の売り物である優雅で華麗な技巧と甘い美音は決して失われておらず、バランスが取れている。フランコ・ベルギー楽派の正統をゆく名演であろう。ロザンタールの伴奏指揮は堅実でスマート、長年の「相棒」グリュミオーをしっかりと支え名コンビぶりを披露している。旧フィリップス・レーベルによる録音で、音質良好。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

2
★
★
★
★
☆
19世紀のクラシック音楽界はリストやパガニ...

投稿日:2012/06/16 (土)

19世紀のクラシック音楽界はリストやパガニーニといった名人がひしめいた時代でもありましたが、ヴュータンもその一人です。 このCDに収められた、第4番、第5番のヴァイオリン協奏曲は彼の代表作として知られている作品です。 このCDは1963〜66年にかけてパリで録音された物で、ベルギー生まれのグリュミオーが弾いています。 グリュミオーの音楽は美しく、名盤のひとつでしょう。 また、ロザンタール指揮するコンセール・ラムルー管弦楽団のサポートも良。 あまりCD化されないロザンタールの貴重な音源でもあります。 音質は年代を考えれば十分なレベルだと思います。

レインボー さん | 不明 | 不明

1

ヴュータン(1820-1881)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品