ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Comp.symphonies: A.davis / Bbc.so

ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
0630.17047
組み枚数
:
6
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
10
★
★
★
★
☆
 
8
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
数曲の管弦楽小品を除いて、まず聴く機会が...

投稿日:2013/05/10 (金)

数曲の管弦楽小品を除いて、まず聴く機会がない作曲家である。何番のシンフォニーが気に入るかさっぱり見当がつかなかったので、数年前にこの全集を購入した。結果は、演奏、曲ともに「当たり」であった。今見ると、ボールト指揮の超廉価セット、スラトキン指揮デジタル録音のコストパフォーマンスが高そうなセットも出ている。どれをご購入されても後悔なさることはないであろう。このセットについては、演奏の確かさと表現の幅の広さ、録音の曲調にぴったりの抜けの良さという点で、自信をもってお薦めできる。

ニャンコ先生 さん | Tochigi | 不明

3
★
★
★
★
★
A.デイヴィスという指揮者は派手ではなく...

投稿日:2013/04/27 (土)

A.デイヴィスという指揮者は派手ではなく堅実な音楽を作る人だ。 しかし演出も必要なホルスト「惑星」においては面白みのない 演奏をしている。 さてこのV.ウィリアムズの交響曲全集。 実は購入までにかなり時間がかかった。 なぜなら昔購入したプレヴィンLSO盤があったから。 たまたま第1交響曲「海の交響曲」を図書館で借りて聴いて この演奏は素晴らしいものと感じ購入。 全編に渡って堅実な演奏を聴かせてくれる。 全集でどれか?と言われればこれを推薦する。 ちなみにその後、廉価だったのでスラットキンPO盤を 買ったがイマイチだった。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
他の多くの英国出身指揮者に倣ってイギリス...

投稿日:2013/02/10 (日)

他の多くの英国出身指揮者に倣ってイギリス近代音楽を軸に着実な演奏活動を展開しているA.デイヴィスが1990〜1996年(彼が46〜52歳)にBBCSOを振って収録したヴォーン=ウィリアムズの9つの交響曲集盤です。私は必ずしも全曲を聴いているわけではなくほんの一部の曲についてA.プレヴィンの演奏盤との聴き比べくらいから感じた事をメモさせていただきます。先ずヴォーン=ウィリアムズの交響曲自体を聴くのが結構私には正直「しんどい」処もありそれは曲が何か雲をつかむ様に抽象的なのですがA.デイヴィスの各曲演奏は全体的印象としては自然体で彼の持ち味であるけれん味のないのが好感を持てます。どうしてもタイトル付きの曲優先で1996年収録の第3番「田園交響曲」や第7番「南極交響曲」等聴き進めておりますが取りあえず前者についてレビューしてみます。この曲にはP.ロザリオ(S)の独唱が入って演奏タイムが@9’43A7’49B6’12C10’46と中々の大曲ぶりでこの作曲家が民謡風の5音階を導入して大戦中のちょつとした田園風景(従軍中に訪れたベルギー、フランドル地方の印象を音にしたとの事で、戦時の牧歌的風景というコンセプトで書いたそうです)をイメージに書いた作品だけに第1楽章は優しいタッチで弦独奏を交えつつ取り留めなく進みます。ホルンスタートのホンワカ第2楽章そして堂々とした第3楽章を経て再び弦独奏に乗ってメロディアスに夕暮れ時を思わせる静けさの中での遠くからのソプラノのスキャット声が響いてくる最終楽章とバラエティに富んだ内容であります。まぁ、ヴォーン=ウィリアムズの9つの交響曲は、牧歌的田園風景や発展途上の都市文化など、20世紀の英国の風景中心に描いた力作でありこの第3番についても作品も演奏も意欲的なんでしょう。本盤他の交響曲については録音年と演奏タイムをメモするにとどめます。第1番(1994年、@18’59A10’25B7’52C28’17)、第2番(1993年、@15’01A10’59B8’24C14’10)、第4番(1992年、@9’45A10’03B5’45C9’30)、第5番(1992年、@12’57A5’05B12’52C10’33)、第6番(1990年、@7’27A8’56B5’59C9’44)、第7番(1996年、@10’12A6’24B11’15C5’49D9’18)、第8番(1993年、@11’02A3’36B8’27C5’16)、第9番(1995年、@8’46A8’39B5’18C11’18)。まぁ、一般的に浸透するにはまだ年月が必要なこれほど大量曲集をA.デイヴィスは使命感を持って演奏記録した素晴らしい偉業という位置づけかと思い当面聴き広げます。交響曲以外の他の収録曲については全く未聴でありますので詳細は省略させていただきます。(タイムについては盤により多少異なる場合があります。)

2

ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品