CD 輸入盤

"交響曲No.1,2他 ジョージアディス/クイーンズランド・フィル"

ウェーバー(1786-1826)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8550928
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Carl Maria von Weber (1786 - 1826)
    Symphony no 1 in C major, J 50/Op. 19
    演奏者 :

    指揮者 :
    Georgiadis, John
    楽団  :
    Queensland Philharmonic Orchestra
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1807/1810, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]
  • Carl Maria von Weber (1786 - 1826)
    Symphony no 2 in C major, J 51
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1807, Germany
    • 言語 :
    • 時間 : :
    • 録音場所 : , [Studio]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
オペラ作品で有名なウェーバーだが、交響曲...

投稿日:2017/01/11 (水)

オペラ作品で有名なウェーバーだが、交響曲も2曲書いており、この盤はそれらを収録した内容となっています。 この交響曲は共に作品番号が隣同士、同じ年に書かれた若書きの作品で、至る所に先人の影響が感じられます。 また収録時間の関係か、劇付随音楽『トゥーランドット』、歌劇『シルヴァーナ』『3人のピント』からの音楽が収録されています。 この中でも、トゥーランドットはプッチーニよりもはるかに先に書かれた物ですが、中国風のメロディーが出てきたり、何だかよくわからない現代音楽ぽいメロディーが出てきたりと、当時としてはわりと進んだ音楽で、埋もれてしまったのが惜しい作品です。 指揮のジョン・ジョージアデスはイギリスの指揮者で、クイーンズランド・フィルハーモニー管弦楽団はオーストラリアのオーケストラ。 現在は別のオケと合併してクイーンズランド交響楽団となっています。 この盤は1994年に収録された物で、演奏は良くも悪くも手堅い演奏と言えるでしょう。 録音、音質は良好。

レインボー さん | 不明 | 不明

1
★
★
★
★
☆
何と言っても「トゥーランドット」が聴ける...

投稿日:2006/03/27 (月)

何と言っても「トゥーランドット」が聴けるのが貴重。ヒンデミットの「交響的変容」に引用された有名曲?なのだが、オリジナルのほうが、より「中国的」なテイストが濃く、面白い。「交響的変容」が好きな方には、必ずお聴きいただきたい一枚。交響曲をはじめ、演奏も結構いいが、惜しいのは録音がちょっと冴えない事。

にゃおにゃお金 さん | 市川市 | 不明

0

ウェーバー(1786-1826)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品