Blu-spec CD 2

Requiem: Maazel / Munich Po & Cho Harteros Harteros Barcellona Woo-kyung Kim Zeppenfeld

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC30224
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
Blu-spec CD 2

内容詳細

2015年7月にはマゼールの一周忌を迎える。その追悼盤として、亡くなる5ヵ月前の演奏のライヴ録音がリリースされた。マゼールに“澄み切った悟りの境地”などというのはあまり似合わないのだが、不思議にこのレクイエムでは、真摯でじっくりした運びが独特の静かな透明感を呼ぶ。(教)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
現時点でマゼール最後の録音。誰もレビュー...

投稿日:2017/08/31 (木)

現時点でマゼール最後の録音。誰もレビューを書いていないのが不思議だが、これは大変な名演奏だ。聴き終って、凄い演奏を聴いたという感想を持つことは近年めったにないことであり、実際これはカラヤン/ベルリン・フィル以来のものではなかろうか。演奏を貫くのは静謐な美しさだ。もちろん「ディエス・イレ」は凄まじい迫力だが(ここでのグランカッサの衝撃は過去最高だし、それを捕えた録音も素晴らしい)、それ以上に随所に深く美しい祈りの瞬間が現れる。同方向のアーノンクールなどに比べ、音楽の成熟度がまるで違う。フィルハーモニアとのマーラーを聴いて、マゼールは新しい次元に入ったとレビューに書いたが、このヴェルディを聴いてそれは確信に変わった。そしてマゼールの境地を聴ける機会は極めて短かった。ミュンヘン・フィルも自主レーベルを開始したが、ゲルギエフなんかはいらないからマゼール晩年の録音を出してもらいたい。

フォアグラ さん | 愛知県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品