CD 輸入盤

歌劇『トロヴァトーレ』全曲 ジュリーニ(2CD)

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4775915
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ジュリーニの『トロヴァトーレ』(2CD)

1984年デジタル録音。興奮と熱気に邁進する演奏に傾きがちな作品ですが、ジュリーニは派手な外面的効果を抑制し、その背後に潜む暗い情念の表出に焦点を当て、作品再考を迫る注目の演奏を行なっています。ドミンゴ、ザンカナーロ、ファスベンダー、ネステレンコ等の歌手陣も、その意図を咀嚼した個性的歌唱を聴かせています。

ヴェルディ:歌劇『トロヴァトーレ』全曲
 プラシド・ドミンゴ
 ロザリンド・プロウライト
 ジョルジョ・ザンカナロ
 ブリギッテ・ファスベンダー
 エフゲキー・ネステレンコ、他

 ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団&合唱団
 カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮)

 録音:1984年1月,4月[デジタル]

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ 全曲_第1幕 「決闘」_第1場: : No.1 導入部_「気をつけろ、気をつけろ!」 (フェランド、家僕ら、兵士ら)
  • 02. No.1 導入部_「ルーナの殿様はお二人の若様の父君として」 (フェランド、家僕ら、兵士ら)
  • 03. 歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ 全曲_第1幕 「決闘」_第2場: : No.2 シェーナとレオノーラのカヴァティーナ_「なにをぐずぐずしておいでなの?」 (イネス、レオノーラ)
  • 04. No.2 シェーナとレオノーラのカヴァティーナ_「夜はおだやかで……わたしの愛は言葉では説明できない」 (この恋を語るすべもなく) (レオノーラ、イネス)
  • 05. No.3 シェーナ、ロマンツァと三重唱_「夜は静まりかえっている」 (伯爵、マンリーコ)
  • 06. No.3 シェーナ、ロマンツァと三重唱_「世に頼らん人とてなく」 (この世にひとり寂しく) (マンリーコ、伯爵)
  • 07. No.3 シェーナ、ロマンツァと三重唱_「まちがいではない」 (伯爵、レオノーラ、マンリーコ)
  • 08. 歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ 全曲_第2幕 「ジプシーの女」_第1場: : No.4 ジプシーらの合唱とアズチェーナのカンツォーネ_「ごらんよ。かぎりない大空のムードが」 (朝の光がさしてきた) (ジプシーら
  • 09. No.4 ジプシーらの合唱とアズチェーナのカンツォーネ_「炎が爆ぜる」 (炎は燃えて) (アズチェーナ)
  • 10. No.4 ジプシーらの合唱とアズチェーナのカンツォーネ_「おまえらの歌は悲しいな!」 (男女のジプシーら、アズチェーナ、マンリーコ、老ジプシー)
  • 11. No.5 シェーナと物語_「やっとわたしたちだけになった」 (マンリーコ、アズチェーナ)
  • 12. No.5 シェーナと物語_「足かせをつけられ」 (アズチェーナ、マンリーコ)
  • 13. No.6 シェーナと二重唱_「それでは僕はあなたの子ではないのですか?」 (マンリーコ、アズチェーナ)
  • 14. No.6 シェーナと二重唱_「激しい攻撃に堪えかねて」 (マンリーコ、アズチェーナ、使者)
  • 15. 歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ 全曲_第2幕 「ジプシーの女」_第2場: : No.7 シェーナと伯爵のアリア_「だれひとり見えぬ」 (伯爵、フェランド)
  • 16. No.7 シェーナと伯爵のアリア_「あの人の かすかな微笑は」 (伯爵、フェランド、従者ら)
  • 17. No.8 第2幕フィナーレ_「おお!……エヴァの娘よ、あやまちが」 (合唱、伯爵、フェランド)
  • 18. No.8 第2幕フィナーレ_「なぜお泣きになるの?」 (レオノーラ、イネス、伯爵、合唱)
  • 19. No.8 第2幕フィナーレ_「これは……信じてよいのかしら?」 (レオノーラ、伯爵、マンリーコ、フェランド、イネス、ルイス、合唱)

ディスク   2

  • 01. 歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ 全曲_第3幕 「ジプシーの子」_第1場: : No.9 導入の合唱_「今はたわいないさいころ遊びだが……突撃のラッパよ鳴り響け」 (ラッパの響きに) (兵士ら、フェランド)
  • 02. No.10 シェーナと三重唱_「かたきの腕に抱かれているとは!」 (伯爵、フェランド、兵士ら、アズチェーナ)
  • 03. No.10 シェーナと三重唱_「貧しい暮らしをしていたけれど」 (アズチェーナ、フェランド、伯爵、兵士ら)
  • 04. 歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ 全曲_第3幕 「ジプシーの子」_第2場: : No.11 シェーナとマンリーコのアリア_「ついさっきけたたましい武器の音がしたようですが?」 (レオノーラ、マンリーコ)
  • 05. No.11 シェーナとマンリーコのアリア_「おお、そうだ! いとしい人、わたしが」 (あなたこそわが恋人) (マンリーコ)
  • 06. No.11 シェーナとマンリーコのアリア_「神秘な楽の音が波のうち」 (レオノーラ、マンリーコ)
  • 07. No.11 シェーナとマンリーコのアリア_「マンリーコ!」 (ルイス、マンリーコ、レオノーラ)
  • 08. No.11 シェーナとマンリーコのアリア_「おそろしい火炙りの火が」 (見よ、恐ろしい火を) (マンリーコ、レオノーラ、ルイス、兵士ら)
  • 09. 歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ 全曲_第4幕 「処刑」_第1場: : No.12 シェーナ、レオノーラのアリアとミゼレーレ_「さあ着きました」 (ルイス、レオノーラ)
  • 10. No.12 シェーナ、レオノーラのアリアとミゼレーレ_「かなしみの溜息よ」 (恋はばら色の翼にのって) (レオノーラ)
  • 11. No.12 シェーナ、レオノーラのアリアとミゼレーレ_「ふたたび帰ることのない旅路へと」 (ミゼレーレ)_(舞台裏からの声、レオノーラ、マンリーコ)
  • 12. No.12 シェーナ、レオノーラのアリアとミゼレーレ_「この世にわたしほどお愛ししたものが他になかったと」 (レオノーラ)
  • 13. No.13 シェーナと二重唱_「わかったか。夜が明けそめたら」 (伯爵、レオノーラ)
  • 14. No.13 シェーナと二重唱_「この声は……お命はたすかったと」 (おお、この喜び) (伯爵、レオノーラ)
  • 15. 歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ 全曲_第4幕 「処刑」_第2場: : No.14 第4幕フィナーレ_「母さん……眠らないの?」 (マンリーコ、アズチェーナ)
  • 16. No.14 第4幕フィナーレ_「おお!……ともしびが暗いのでよく目が見えぬのか?」 (マンリーコ、レオノーラ、アズチェーナ)
  • 17. No.14 第4幕フィナーレ_「そこをどけ!」 (マンリーコ、レオノーラ、伯爵、アズチェーナ)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
名盤です。 ジュリーニが指揮すると、戯...

投稿日:2021/03/03 (水)

名盤です。 ジュリーニが指揮すると、戯曲としては欠点のあるこの作品がとても高級なものに感じられてしまう。 この録音では物語のことはしばし忘れてヴェルディの魅力的な音楽、第一級の歌手たち、そして素晴らしいオーケストラの演奏に酔いしれることができる。 ジュリーニのテンポ設定は歌手やオーケストラにとって絶妙なものに感じられた。このテンポだからこそ、全身全霊・全力で歌い、演奏することが出来るのだろう。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
☆
名演奏・名録音です。 ジュリーニらしい、...

投稿日:2020/12/16 (水)

名演奏・名録音です。 ジュリーニらしい、ゆっくりしたテンポで楽譜の隅々まで私のような素人が見通せるような演奏とドミンゴをはじめとする歌手も最盛期でした。 このテンポを評価するかどうかは、好き嫌いでしょうが、私は大好きでした。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
★
★
大変劇的で、力強い演奏です。イタリア指揮...

投稿日:2017/05/03 (水)

大変劇的で、力強い演奏です。イタリア指揮者は鋭敏な且つ歌心のある演奏という一般論には当てはまらない重厚な音楽です。

SEGOVIA さん | 愛知県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品