CD 輸入盤

レクィエム ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団、バイエルン放送合唱団(2013ミュンヘン・ライヴ)(2CD)

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
900126
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ヴェルディ:レクィエム(2013年ミュンヘン・ライヴ)
ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団&合唱団


ヤンソンスは近年各地でヴェルディのレクィエムを取り上げていますが、ここに収められたのはミュンヘンのガスタイク・フィルハーモニーでおこなわれた演奏会のライヴ録音です。

【CDはミュンヘン・ライヴ、映像はウィーン・ライヴ】
このミュンヘン公演とほぼ同時期に、ウィーンのムジークフェラインザールで収録された演奏は映像商品化され、ガスタイクでの演奏は残響短めの解像度の高い音ということでCD化という使い分けは人気指揮者ならではの贅沢なリリース・プランです。
 演奏はどちらもヤンソンスの芸風である起伏の豊かさとメリハリの効いた見事なもので、長丁場を飽かせず聴かせる手腕はさすが。気心知れたバイエルン放送のオーケストラとコーラスは、ヤンソンスの指揮に完璧に応え、この作品の大部分を占める抒情的な部分を陰影豊かに密度濃く仕上げ、また迫力の要求される場面では強烈なパワーで盛り上げています。

【声に力のある4人のソリスト】
おなじみのブルガリアのソプラノ、クラッシミラ・ストヤノヴァに、ドスのきいた低音の持ち主でもあるロシアのメゾ・ソプラノ、マリナ・プルデンスカヤ、アバドに若くして見出されたアルバニアのテノール、サイミール・ピルグ、そしてブルガリアのバス、オルリン・アナスタソフと、声に力のある人が揃っています。
 この作品のソリストが受け持つ独唱と重唱部分は、ともに美しい旋律と劇的な表現に恵まれ、オペラ並のパワーと宗教音楽のシリアスな表現が求められるという難物でもありますが、上記4人は大役を見事に果たし深い感銘を与えてくれます。
 鳴り物部分で知られる『怒りの日』は、実際には歌の聴きどころ満載の充実した音楽。女声二人が絶妙な絡みを聴かせる「レコルダーレ」に続き、「インジェミスコ」ではテノールのピルグの美声を聴くことができますし、次の「コンフタティス・マレディクティス」ではバスのアナスタソフが朗々とした声でオケと張り合います。
 続くラクリモサでは、プルデンスカヤが歌い始めてアナスタソフが加わり、そしてバイエルン放送合唱団がコントロールされた歌で対位法をきちんと聴かせてソリストたちのアカペラ・ブロックへとつなぎ、やがて両者のアンサンブルで重々しく『怒りの日』を終えます。
 『奉献唱』では、なんといってもテノールのピルグがゾクゾクするような美声で導入する「ホスティアス」での澄み渡った美しさが感動的です。
 ソプラノの最大の見せ場である『リベラ・メ』では、ストヤノヴァが見事な歌唱を披露、鳴り物部分や冒頭の再現、そしてどこかベルリオーズのレクィエムへのオマージュのような部分など多彩な表現が求められるオケも大活躍で、続く合唱団の見せ場であるフーガでは、バイエルン放送合唱団の実力をフルに発揮、ストヤノヴァともども作品を印象深く締めくくります。(HMV)

【収録情報】
● ヴェルディ:レクィエム

 クラッシミラ・ストヤノヴァ(ソプラノ)
 マリナ・プルデンスカヤ(メゾ・ソプラノ)
 サイミール・ピルグ(テノール)
 オルリン・アナスタソフ(バス)
 バイエルン放送合唱団
 ミヒャエル・グレーザー(合唱指揮)
 バイエルン放送交響楽団
 マリス・ヤンソンス(指揮)

 録音時期:2013年10月10,11日
 録音場所:ミュンヘン、フィルハーモニー・イム・ガスタイク
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

内容詳細

血がわきたつような激しい情熱が燃え上がるライヴ録音。バイエルン放送の管弦楽と合唱がゴージャスな音を奏で、ストヤノヴァをはじめ声に力のあるソリストがヤンソンス渾身の指揮に華を添える。アルプスの北らしい剛健にしてパワフルなヴェルディである。(彦)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ヴェルディのレクィエムは長らくカラヤンの...

投稿日:2015/02/08 (日)

ヴェルディのレクィエムは長らくカラヤンの演奏を聴き続けてきました。亡きあとはアーノンクール、ムーティ、バレンボイムなど魅力的な演奏もありましたが自分にとっては今一つという感じでした。というのはこの曲に関してはソリスト、合唱、オーケストラのそれぞれのバランスがうまくかみ合わないと全体としての感動が得られにくいのです。それぞれ部分的にソリストの魅力的歌唱など聴くべき点もありますが・・・。 今回のヤンソンスの演奏はソリストがうまく揃っていると感じます。発声も明瞭で録音も良く前半は素晴らしく聴きました。しかし、後半はどうしたことでしょう。ディスクのレベルも2dB位、低くなり演奏も何か覇気が無くなってきたと感じました。奏者の疲れなのか録音日の違いによるものなのか、よくわかりませんが聴き終えた後に何か不満を残す結果となりました。

ミシェル・スズキ さん | 静岡県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品