CD 輸入盤

レクィエム/サバダ指揮のイタリア・オペラからの管弦楽抜粋集゛ シュヴァルツコップフ/サバタ/ステファノ/ミラノ・スカラ座管弦楽団・合唱団/他

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8111049
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Hong Kong
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ロリン・マゼールが特別の敬意を払っていた...

投稿日:2020/07/19 (日)

ロリン・マゼールが特別の敬意を払っていたと聞いたサバタのレクイエム。素晴らしい劇的な演奏でした。確かになかなかほかの録音には手が行かなくなります。本当に素晴らしい。 ところで。HMVで購入するとしばしは請求金額を間違えていて、クレームしても全く音沙汰ないということがおこります。こういう仕事はいかがなものかと思います。この会社の請求書はしっかりと見ないと危ないですよ。

DI さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
”演奏会形式のオペラ”は存在するが、これ...

投稿日:2014/10/24 (金)

”演奏会形式のオペラ”は存在するが、これは正に、Scalaの舞台上での”オペラ形式の鎮魂声楽曲”の観あり。Scalaの合唱、楽団による立体的劇的表現の極みと言ってよい。トスカニーニ=NBC、マルケヴィッチ=モスクワ、ショルティ=CSO、カラヤン=BPOの声楽と器楽の明確な対比とやり取りを交響楽的演奏に仕立てたアプローチも良いが、このサバタ盤を聴くと、あたかも声楽陣が舞台上で振りを展開しているかの如き錯覚に捕らわれる。これは、録音のせいではなく、全曲の見通しを合点した指揮者のフレーズの渡し方の妙である。サバタの引退後の録音とはいえ、La Scalaは完全に彼にドライヴされつくしている。Scalaの二階ホールにあるサバタの胸像を思い出し、あらためて低頭した。チェリ=MPO盤で、この曲の純粋な和声と総譜構造を確認した後に、このサバタ=Scala盤を聴けば”ミサ”とは何に気付くだろう。

森林浴 さん | 京都府 | 不明

1
★
★
★
★
★
ライブ感覚で楽しめました。シュワルツコップもぐ...

投稿日:2007/01/09 (火)

ライブ感覚で楽しめました。シュワルツコップもぐっと濃い表情で,後年のジュリーニ盤の端正な表現とはえらい違い。スカラ座&デ・サバタも,アバド盤,ムーティ盤と比して荒削りな迫力があり,団員&指揮者の張り切りぶりが伝わってきます。アルト以下の歌手も貫禄十分!豪華絢爛!!LPを聴いたことはないのですが私にはこれで十分。良好な復刻だと思います。

温泉パパ さん | 函館市 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品