DVD 輸入盤

【中古:盤質A】 レクィエム クラウディオ・アバド&ベルリン・フィル、ゲオルギュー、バルチェッローナ、アラーニャ、コンスタンティノフ

ヴェルディ(1813-1901)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
なし
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
2434926949
レーベル
Emi
Europe
画面サイズ
ワイドスクリーン
カラー
フォーマット
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)


ヴェルディ:レクィエム
アバド&ベルリン・フィル、スウェーデン放送合唱団、エリック・エリクソン室内合唱団、オルフェオン・ドノスティアーラ合唱団
ゲオルギュー、バルチェッローナ、アラーニャ、コンスタンティノフ


アバドは2000年7月に胃癌の手術を受けていますが、10月には現場復帰するほどの回復ぶりをみせ、以後13年間に渡って、サイモン・ラトルが「超越的」だと称えたほどの精力的な指揮活動を展開します。
 このヴェルディのレクィエムは、復帰3か月後におこなわれたコンサートのライヴ映像で、アバドと縁の深い3つの合唱団、スウェーデン放送合唱団、エリック・エリクソン室内合唱団、オルフェオン・ドノスティアーラ合唱団が参加、ソリストには、アンジェラ・ゲオルギュー、ダニエラ・バルチェッローナ、ロベルト・アラーニャ、ジュリアン・コンスタンティノフという豪華な面々が起用されています。(HMV)

【収録情報】
● ヴェルディ:レクィエム

 アンジェラ・ゲオルギュー(ソプラノ)
 ダニエラ・バルチェッローナ(アルト)
 ロベルト・アラーニャ(テノール)
 ユリアン・コンスタンティノフ(バス)
 スウェーデン放送合唱団
 エリック・エリクソン室内合唱団
 オルフェオン・ドノスティアーラ合唱団
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音時期:2001年1月
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 収録時間:89分
 画面:カラー、16:9
 音声:PCMステレオ、ドルビーデジタル5.1、DTS5.1
 字幕:英語、フランス語、ドイツ語
 NTSC
 Region All

収録曲   

  • 01. Opening [1:10]
  • 02. Requiem e Kyrie: Requiem Aeternam [5:33]
  • 03. Requiem e Kyrie: Kyrie Eleison [3:26]
  • 04. Sequenza: Dies Irae [2:26]
  • 05. Sequenza: Tuba Mirum [1:48]
  • 06. Sequenza: Mors Stupebit [1:26]
  • 07. Sequenza: Liber Scriptus - Dies Irae [4:56]
  • 08. Sequenza: Quid Sum Miser [3:41]
  • 09. Sequenza: Rex Tremendae [3:29]
  • 10. Sequenza: Recordare [3:51]
  • 11. Sequenza: Ingemisco [3:08]
  • 12. Sequenza: Confutatis - Dies Irae [5:20]
  • 13. Sequenza: Lacrymosa [5:38]
  • 14. Offertorio: Domine Jesu Christe [4:34]
  • 15. Offertorio: Hostias [5:16]
  • 16. Sanctus [2:40]
  • 17. Agnus Dei [4:47]
  • 18. Lux Aeterna [6:01]
  • 19. Libera Me: Libera Me, Domine [2:24]
  • 20. Libera Me: Dies Irae [2:30]
  • 21. Libera Me: Requiem Aeternam [2:56]
  • 22. Libera Me: Libera Me, Domine [6:19]
  • 23. Applause and End Credits [5:16]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
指揮、オーケストラ、合唱、ソリストのどれ...

投稿日:2015/11/01 (日)

指揮、オーケストラ、合唱、ソリストのどれをとっても本当にすばらしい。特に二人の女性ソリスト、ゲオルギューとバルチェッローナは文句のつけようがない。視覚効果もあって、思わず涙腺が緩む。アバドは、あまり好きな指揮者ではなかったが、大病を患った後、確かに変った。無駄な虚飾を削ぎ落として核心に迫ろうとする気迫と、同時に、格段に音楽の呼吸が深くなったのを感じる。記念ライブということもあって緊張感、集中力も尋常ではない。今まで聴いた中では最高の名演だと思う。これが890円で入手できたことは驚きで、心から感謝申し上げる。評価としては5ツ星+α。

充介 さん | 東京都 | 不明

4
★
★
★
★
★
病から復活したアバドの頬はこけていたが、...

投稿日:2004/06/29 (火)

病から復活したアバドの頬はこけていたが、音楽はとっても豊かだった。ベルリン・フィルもアバドが入院前の弛緩した状態から復活?したのか、透明度が高く、かつ引き締まった演奏。最初にCDを聴いたのだが音だけでなく、どうしても映像で見たくなってDVDを買ってしまいました。

トラッキー さん | 東京 | 不明

1
★
★
★
★
★
やっぱり、EMIが、かっこいいのかぁ?みな...

投稿日:2004/06/07 (月)

やっぱり、EMIが、かっこいいのかぁ?みなさん、おしえてください!!!でも、クラシック音楽を、DVDで、みるのは、画期的なことだとおもうのですが???最初の、一枚が、なかなか選べなくて。あれをかおうか、これをかおうか、まよっています。ORCHESTRAが、演奏してるわけですよねぇ。STRINGSの、響いてる所なんかみてみたいなぁ。

b52jp さん | 香川県観音寺市 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品