CD 輸入盤

『運命の力』全曲 リッカルド・ムーティ&フィレンツェ五月祭、ヴェリアーノ・ルケッティ、チェーザレ・シエピ、他(1974 モノラル)(2CD)

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MAGGIO031
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

力強く巧みな構成。ムーティの『運命の力』ライヴ!

ムーティ33歳の年、1974年の冬シーズン・オープニング公演としてフィレンツェで上演された『運命の力』が収録されています。ウィーンの劇場から無償貸与されたピエル・ルイジ・ピッツィの装置と衣装が使われるなど力の入った公演で、1973年から首席指揮者を務めるムーティのもと、コムナーレ劇場が新たな段階に入り安定したことを示す重要な公演でした。演奏は非常に多彩なテンポ感と色彩を持ちながら常にスコアの指示に忠実で、各場面の演劇的な色調をしっかりと計算し全体を組み上げた、実にスケール大きく聴きごたえあるもの。(輸入元情報)

【収録情報】
● ヴェルディ:歌劇『運命の力』全曲


 ヴェリアーノ・ルケッティ(ドン・アルヴァーロ)
 オリアンナ・サントゥニオーネ(ドンナ・レオノーラ)
 マッテオ・マヌグエッラ(ドン・カルロ・ディ・ヴァルガス)
 チェーザレ・シエピ(グァルディアーノ神父)
 セスト・ブルスカンティーニ(フラ・メリトーネ)
 マリア・ルイザ・ナーヴェ(プレツィオジッラ)
 カルロ・デ・ボルトリ(カラトラーヴァ侯爵)
 ジュリアナ・マッテイニ(クッラ)
 アウグスト・フラーティ(村長)
 ディーノ・フォルミキーニ(マストロ・トラブーコ)
 グエッランド・リジーリ(軍医)
 フィレンツェ五月祭合唱団(合唱指揮:ロベルト・ガッビアーニ)
 フィレンツェ五月祭管弦楽団
 リッカルド・ムーティ(指揮)

 録音時期:1974年12月13日
 録音場所:フィレンツェ、テアトロ・コムナーレ
 録音方式:モノラル(ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品