SACD 輸入盤

『第1回十字軍のロンバルディア人』全曲 マルクス・ボッシュ&カペッラ・アクイレイア、レオン・デ・ラ・グアルディア、他(2018 ステレオ)(2SACD)

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COV91901
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

合唱の美しさが印象的なヴェルディの初期オペラ

『ナブッコ』に続く、ヴェルディ4作目のオペラ。比較的初期の作品でそこまで有名ではないものの、美しいメロディや効果的な合唱が映える佳作。「COVIELLO」レーベルおなじみの中堅指揮者ボッシュが鮮やかに明晰に描いています。(輸入元情報)

【収録情報】
● ヴェルディ:歌劇『第1回十字軍のロンバルディア人』全曲


 レオン・デ・ラ・グアルディア(テノール:アルヴィーノ)
 パヴェル・クディノフ(バス:パガーノ)
 アンナ・ヴェルレ(ソプラノ:ヴィクリンダ)
 アーニャ・イェルク(ソプラノ:ジゼルダ)
 ダニエル・ドロプリア(バス:ピルロ)
 クリストフ・ヴィットマン(テノール:プリオーレ)
 アンドリュー・ノーレン(バス:アッチャーノ)
 マリアン・タラバ(テノール:オロンテ)
 ケイト・アレン(ソプラノ:ソフィア)
 ブルノ・チェコ・フィルハーモニー合唱団
 カペッラ・アクイレイア
 マルクス・ボッシュ(指揮)

 録音時期:2018年7月15-20日
 録音場所:ハイデンハイム
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 SACD Hybrid

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品