CD 輸入盤

『ルイーザ・ミラー』全曲 レヴァイン&メトロポリタン歌劇場、ミッロ、ドミンゴ、他(1991 ステレオ)(2CD)

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88875194772
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ヴェルディ:『ルイーザ・ミラー』(2CD)
ミッロ、ドミンゴ、レヴァイン&メトロポリタン歌劇場管弦楽団


領主の息子カルロと村娘ルイーザの恋。もちろんカルロの父は大反対。身分の高い未亡人との結婚を命じます。ルイーザと彼女の父は捉えられてしまいますが、カルロの父も実は後ろ暗い過去を抱えているのです。人々の思惑は入り乱れ、ついに誤解は解けることなく悲劇は幕を下ろします。ヴェルディ自身もプライヴェートで悩んでいた時期の作品でもあり、複雑な人間ドラマが良く描かれていることでも知られています。
 この演奏、やはりドミンゴの存在感が素晴らしく、全てを圧倒します。レヴァインの指揮も流麗でヴェルディの求める音を完璧に表出しています。
 オリジナル・マスターからの最新リマスター。ブックレットに歌詞、対訳はついておりません。(SONY)

【収録情報】
● ヴェルディ:歌劇『ルイーザ・ミラー』全曲


 アプリーレ・ミッロ(ソプラノ)
 プラシド・ドミンゴ(テノール)
 フローレンス・クィヴァー(メゾ・ソプラノ)
 ウェンディ・ホワイト(メゾ・ソプラノ)
 ジョン・ビルス(テノール)
 ウラディーミル・チェルノフ(バリトン)
 ヤン=ヘンドリク・ローテリング(バス)
 ポール・プリシュカ(バス)
 メトロポリタン歌劇場管弦楽団&合唱団
 ジェイムズ・レヴァイン(指揮)

 録音時期:1991年5月
 録音場所:ニューヨーク、マンハッタン・センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Luisa Miller / Sinfonia
  • 02. Luisa Miller / Act I, Scene 1 - Orchestral Prelude
  • 03. Luisa Miller / Act I, Scene 1 - Ti Desta, Luisa, Regina De' Cori
  • 04. Luisa Miller / Act I, Scene 1 - Ecco Mia Figlia
  • 05. Luisa Miller / Act I, Scene 1 - Lo Vidi, E'l Primo Palpito
  • 06. Luisa Miller / Act I, Scene 1 - T'amo D'amor Ch'esprimere
  • 07. Luisa Miller / Act I, Scene 1 - Ferma Ed Ascolta
  • 08. Luisa Miller / Act I, Scene 1 - Sacra la Scelta D'un Consorte
  • 09. Luisa Miller / Act I, Scene 1 - Costarti, O Vecchio Debole
  • 10. Luisa Miller / Act I, Scene 1 - Ah! Fu Giusto Il Mio Sospetto!
  • 11. Luisa Miller / Act I, Scene 2 - Che Mai Narrasti!
  • 12. Luisa Miller / Act I, Scene 2 - Il Mio Sangue, la Vita Darei
  • 13. Luisa Miller / Act I, Scene 2 - Padre... M'abbraccia
  • 14. Luisa Miller / Act I, Scene 2 - Quale Un Sorriso D'amica Sorte
  • 15. Luisa Miller / Act I, Scene 2 - Duchessa... Dall'aule Raggianti
  • 16. Luisa Miller / Act I, Scene 3 - Sciogliete I Levrieri
  • 17. Luisa Miller / Act I, Scene 3 - Del Conte Di Walter Figlio
  • 18. Luisa Miller / Act I, Scene 3 - Tu, Signor, Fra Queste Soglie!
  • 19. Luisa Miller / Act I, Scene 3 - Fra'mortali Ancora Oppressa
  • 20. Luisa Miller / Act I, Scene 3 - I Cenni Miei Si Compiano
  • 21. Luisa Miller / Act II, Scene 1 - Ah! Luisa, Luisa, Ove Sei?
  • 22. Luisa Miller / Act II, Scene 1 - Il Padre Tuo... Finisci
  • 23. Luisa Miller / Act II, Scene 1 - Tu Puniscimi, O Signore
  • 24. Luisa Miller / Act II, Scene 1 - Qui Nulla S'attenta Imporre Al Tuo Core
  • 25. Luisa Miller / Act II, Scene 1 - a Brani, a Brani, O Perfido

ディスク   2

  • 01. Luisa Miller / Act II, Scene 2 - Egli Delira, Sul Mattin Degli Anni
  • 02. Luisa Miller / Act II, Scene 2 - L'alto Retaggio Non Ho Bramato
  • 03. Luisa Miller / Act II, Scene 2 - Vien la Duchessa! Conte!
  • 04. Luisa Miller / Act II, Scene 2 - Presentarti Alla Duchessa Puoi
  • 05. Luisa Miller / Act II, Scene 3 - Il Foglio Dunque? Io Tutto Gi VI Narrai!
  • 06. Luisa Miller / Act II, Scene 3 - Quando Le Sere Al Placido
  • 07. Luisa Miller / Act II, Scene 3 - Di Mi Chiedeste? Appressati
  • 08. Luisa Miller / Act II, Scene 3 - L'ara, O L'avello Apprestami
  • 09. Luisa Miller / Act III - Come in Un Giorno Solo
  • 10. Luisa Miller / Act III - O Dolce Amica, E Ristorar Non Vuoi
  • 11. Luisa Miller / Act III - Pallida, Mesta Sei! No, Padre Mio, Tranquilla Io Son
  • 12. Luisa Miller / Act III - la Tomba Un Letto Sparso Di Fiori
  • 13. Luisa Miller / Act III - Andrem, Raminghi E Poveri
  • 14. Luisa Miller / Act III - Ah! L'ultima Preghiera
  • 15. Luisa Miller / Act III - Piangi, Piangi
  • 16. Luisa Miller / Act III - Donna, Per Noi Terribile Ora Squill Suprema!
  • 17. Luisa Miller / Act III - Padre Ricevi L'estremo Addio

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
この作品からヴェルディは創作の中期に入っ...

投稿日:2011/10/28 (金)

この作品からヴェルディは創作の中期に入っていく。一つの転換点を示す作品。ここでは愛国的なテーマは姿を消し、大時代的な大掛かりな設定もなくなる。『ルイザ・ミラー』では敗退した貴族世界や男女の愛をテーマにしている。 第一幕の音楽では、コロラトゥーラを用いた装飾的な旋律などから一昔前の音楽に帰ったような印象を受ける。 テキストより音楽的装飾が優先しているようだ。 第一幕のルイザのアリアが終わったときは、「はい音楽が終わりました。」というようなここで拍手をしてくださいというような、そこでぷっつと旋律が終わって次の場面に移っていく旋律の流れが途切れてしまっている。 しかし第二幕、第三幕と進むうちに(悲劇に進むうちに)、音楽がドラマに寄り添って行く。(単に音楽が前に主張するのではなく。)

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品