DVD

『トロヴァトーレ』全曲 カラヤン&ウィーン国立歌劇場、ドミンゴ、コッソット、他(1978 ステレオ)

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COBO5904
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD

商品説明

Opera Cresta 〜オペラ・クレスタ〜
ヴェルディ:歌劇『トロヴァトーレ』 ウィーン国立歌劇場1978年
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、ドミンゴ、カプッチッリ


巨匠カラヤンが夢見た理想の世界を、カプッチッリ、ドミンゴ、カバイヴァンスカ、コッソット、ヴァン・ダムら巨星たちが見事に体現した伝説的舞台『トロヴァトーレ』。生前のマエストロの豪腕ぶりを偲びつつ、オペラの「精髄」を見極めてみたい映像。(日本コロムビア)

【収録情報】
・ヴェルディ:歌劇『トロヴァトーレ』全曲

 ルーナ伯爵:ピエロ・カプッチッリ
 レオノーラ:ライナ・カバイヴァンスカ
 アズチェーナ:フィオレンツァ・コッソット
 マンリーコ:プラシド・ドミンゴ
 フェランド:ジョゼ・ヴァン・ダム、他
 ウィーン国立歌劇場管弦楽団&合唱団
 演出・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン

 収録:1978年5月1日 ウィーン国立歌劇場
 収録時間:151分
 画面:カラー、4:3
 音声:LPCM Stereo
 字幕:日本語・イタリア語
 NTSC
 Region All

クレスト1000シリーズの姉妹シリーズ、「Opera Cresta オペラ・クレスタ」が誕生! 初心者からマニアまで、すべてのオペラ・ファンのためのオペラ映像シリーズ決定版。(日本コロムビア)

内容詳細

1978年ウィーン国立歌劇場での映像。カラヤンが演出を手掛け、ドミンゴはなんと代役での登場だった。劇的で輝かしいこのオペラに相応しい豪華な演出と演奏が繰り広げられた、今や伝説と化した記念すべき舞台だ。(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
15
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ルーナ伯爵ではバスティアニーニ、レオノーラではカラス、アズチ...

投稿日:2012/07/09 (月)

ルーナ伯爵ではバスティアニーニ、レオノーラではカラス、アズチェーナではシミオナート、マンリーコではコレッリ、フェルランドではザッカリアが私のBESTではありますが、カプッチルリ、コッソット、ドミンゴを揃えたこのディスクはカラヤンの巧みなタクトも加わり最上のトロヴァトーレだと思います。 カラヤンには上記の歌手陣のほとんどを揃えたザルツブルク音楽祭の白熱のライヴ録音もありますが、録音の事、映像の有る無しを考え併せると、このDVDに軍配をあげざるをえません。 こんなに素晴らしいトロヴァトーレの映像を我々に残してくれたカラヤンに感謝します。 ありがとうございました。

れいくー さん | 奈良県 | 不明

4
★
★
★
★
★
マンリーコがドミンゴ、レオノーラがカバイ...

投稿日:2012/03/09 (金)

マンリーコがドミンゴ、レオノーラがカバイヴァンスカ、アズチューナがコソット、ルーナ伯爵にカップチッリ、そしてフェランドにファン・ダムという超豪華メンバー。 CDのスタジオ録音でもないのによくこれだけ揃ったものです。しかもこのときマンリーコは別のテノールが歌うはずだったのが急遽ドミンゴに変更になったというから二度びっくり。 まずカラヤン指揮のウィーン国立歌劇場管弦楽団の反応がいい。ヴェルデイのいきいきとした旋律を見事に(のりのりで)演奏している。 ウィーン国立歌劇場合唱団にしても演奏も演技もいい。特に第一幕。 ただ第二幕のこれはカラヤンの演出の問題だろうが、合唱団の配置(立ち位置)が詰まりすぎていて舞台を観ていてごちゃごちゃした分かりにくいものになっている。しかも合唱団の役はジプシーなので、その衣装が暗くよけいにそう感じてしまう。 間が空きすぎてもいけないし、離れすぎると歌いにくかったりするのだろうか? それとも映像で観ているからそう感じるのだろうか? 難しいところだ。 DVDの映像監督はブライアン・ラージが多いが、ここではギュンター・シュナイダー=ジームセン。カメラ・ワークがとてもよかった。 あまり関係ないことだが幕を閉めるタイミングが若干速いような気がする。 この作品のタイトルは「イル・トロヴァトーレ」つまり吟遊詩人だが、本当の主人公はアズチューナなのだろうか? コソットの歌唱がすさまじく、アズチューナの役が要求するものを見事に歌い切り、演じている。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

4
★
★
★
☆
☆
カバイヴァンスカが歌いきれてないのはご本...

投稿日:2011/01/23 (日)

カバイヴァンスカが歌いきれてないのはご本人が一番承知と見受けられます。ドミンゴは思い悩む役には適していてもその時々の気分で突進する単細胞男には見えません(パッケージの表情ご参照)。加えて声が出ていないので恐ろしい炎を歌っても何ら説得力がありません。コッソット1人が合格点では全体生煮えです。歌手、指揮者とも当時としては第1人者を集めてみましたというお祭りとして楽しむべきものでしょう。

西荻椿山 さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品