CD 輸入盤

『ジョヴァンナ・ダルコ』全曲 カリニャーニ&ミュンヘン放送管、ネトレプコ、ドミンゴ、他(2013 ステレオ)(2CD)

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4792712
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ヴェルディ:『ジョヴァンナ・ダルコ』(2CD)
ネトレプコ、ドミンゴ、カリニャーニ&ミュンヘン放送管弦楽団


1845年にミラノ・スカラ座で初演された『ジョヴァンナ・ダルコ(ジャンヌ・ダルク)』は、ヴェルディが31歳の時に作曲した通算7番目のオペラです。
 その作風は、初期とは言えすでに経験を積んでいたヴェルディの音楽的手腕の確かさが感じられるもので、随所に聴きごたえのあるナンバーもあり、アリアなどは単独で取り上げられてもいました(ネトレプコも2012年に録音しています)。
 しかし、台本の評判があまりよくなかったのか、初演からしばらく経つとほとんど上演されなくなり、ヴェルディ没後50年の1951年に復活上演されるまでは休眠状態が続いていました。その後は、機会は少ないとは言え上演やレコーディングもおこなわれるようになったものの、音の状態の良いCDは42年前の録音のレヴァイン盤しかなかったので、今回の最新録音盤の登場は歓迎されるところです。
 今回のアルバムの音源は、ヴェルディ生誕200周年という記念の年のザルツブルク音楽祭で、豪華キャストにより、横長舞台で有名なフェルゼンライトシューレでおこなわれた演奏会形式上演をライヴ・レコーディングしたものです。
 キャストは、主役ジョヴァンナにソプラノのアンナ・ネトレプコ、父のジャコモ役にバリトンのプラシド・ドミンゴ、フランス国王のカルロ7世にテノールのフランチェスコ・メーリ、イギリス軍の隊長タルボットにバスのロベルト・タリアヴィーニという布陣で、ドミンゴはレヴァイン盤では、テノールとしてカルロ7世役を歌っていました。(HMV)

【収録情報】
・ヴェルディ:歌劇『ジョヴァンナ・ダルコ』全曲

 アンナ・ネトレプコ(ソプラノ:ジョヴァンナ・ダルコ)
 プラシド・ドミンゴ(バリトン:ジャコモ)
 フランチェスコ・メーリ(テノール:カルロ7世)
 ロベルト・タリアヴィーニ(バス:タルボット)、他
 ウィーン・フィルハーモニア合唱団
 ミュンヘン放送管弦楽団
 パウロ・カリニャーニ(指揮)

 録音時期:2013年8月
 録音場所:ザルツブルク、フェルゼンライトシューレ
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ:演奏会形式上演)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Sinfonia - Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 02. "Qual V'ha Speme?" - Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 03. "Il Re! Nel Suo Bel Volto" - Francesco Meli, Johannes Dunz, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 04. "Sotto Una Quercia Parvemi" - Francesco Meli, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 05. "V'ha Dunque Un Loco Simile" - Francesco Meli, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 06. "Pondo Letal, Martiro" - Francesco Meli, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 07. "Gelo, Terrore M'invade!" - Plcido Domingo, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 08. "Oh, Ben S'addice Questo Torbido Cielo" - Anna Netrebko, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 09. "Sempre All'alba Ed Alla Sera" - Anna Netrebko, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 10. "Paventi, Carlo, Tu Forse?" - Francesco Meli, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 11. "Tu Sei Bella" - Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 12. "Pronta Sono!... Son Guerriera" - Anna Netrebko, Plcido Domingo, Francesco Meli, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 13. "Ai Lari!..Alla Patria!" - Roberto Tagliavini, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 14. "Questa Rea Che VI Percuote" - Plcido Domingo, Roberto Tagliavini, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 15. "Franco Son Io, Ma in Core" - Plcido Domingo, Roberto Tagliavini, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 16. "So Che Per Via Di Triboli" - Plcido Domingo, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 17. "Qui! Qui... Dove Pi S'apre Libero Il Cielo" - Anna Netrebko, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 18. "O Fatidica Foresta" - Anna Netrebko, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 19. "Ho Risolto - E in Tal Momenti" - Anna Netrebko, Francesco Meli, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 20. "T'arretri E Palpiti!" - Anna Netrebko, Francesco Meli, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 21. "Taci!... Le Vie Traboccano" - Anna Netrebko, Francesco Meli, Johannes Dunz, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 22. "Vieni Al Tempio" - Anna Netrebko, Francesco Meli, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani

ディスク   2

  • 01. "Dal Cielo a Noi Chi Viene" - Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 02. "Ecco Il Luogo" - Plcido Domingo, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 03. "... Speme Al Vecchio Era Una Figlia" - Plcido Domingo, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 04. "Te, Dio, Iodiam" - Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 05. "Compiuto Il Rito!... Non Fuggir, Donzella!" - Anna Netrebko, Plcido Domingo, Francesco Meli, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 06. "No! Forme D'angelo... L'amaro Calice Sommessa Io Bevo" - Anna Netrebko, Plcido Domingo, Francesco Meli, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 07. "Ti Discolpa!... Imbianca E Tace!" - Anna Netrebko, Plcido Domingo, Francesco Meli, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 08. "I Franci!... Oh Qual Mi Scuote Rumor Di Guerra?" - Anna Netrebko, Plcido Domingo, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 09. "A Lui Pensa!... Amai, Ma Un Solo Istante" - Anna Netrebko, Plcido Domingo, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 10. "Tu Che All'eletto Sulo" - Anna Netrebko, Plcido Domingo, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 11. "Or Dal Padre Benedetta" - Anna Netrebko, Plcido Domingo, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 12. "Ecco! Ella Vola - Presa la Rocca" - Plcido Domingo, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 13. "Di Novel Prodigio Il Ciel Ne Arrise" - Plcido Domingo, Francesco Meli, Johannes Dunz, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 14. "Quale Pi Fido Amico" - Francesco Meli, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 15. "Un Suon Funereo" - Plcido Domingo, Francesco Meli, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani
  • 16. "Che Mai Fu?... S'apre Il Cielo" - Anna Netrebko, Plcido Domingo, Francesco Meli, Philharmonia Chor Wien, Mnchner Rundfunkorchester, Paolo Carignani

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
2013年ザルツブルク音楽祭でのライブ録音。...

投稿日:2016/06/20 (月)

2013年ザルツブルク音楽祭でのライブ録音。 歌劇『ジョヴァンナ・ダルコ』はヴェルディの他の作品に隠れてあまり知られていないが、なかなか魅力的な音楽だ。 歌芝居として、ストーリーうんぬんより、単純に歌の面白さ(美しさ、ドラマチックさ)を感じられる。特にフィナーレは感動的だ。 タイトル・ロールを歌うネトレプコはジョヴァンナ役のイメージからすると重めの声に感じられた。 ただ、ヴェルディの作曲上、リリックな声質では歌えない役なのかもしれない。 フィナーレでのネトレプコの歌唱を聴くと、世界中で引っ張りだこなのがよくわかる。 カルロ7世を歌うメーリが素晴らしい。個人的にはこの録音で一番印象に残った。 ライブ録音のため音に立体感や透明度が無いのが残念だが、仕方ない。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
若書きヴェルディの、荒削りな熱気を感じさ...

投稿日:2014/08/25 (月)

若書きヴェルディの、荒削りな熱気を感じさせない新録音。最近のライブ録音には珍しい、拍手入りも、何やら空しく響きます。ネトレプコはたっぷりとは歌っていますが、何やら平板。ドミンゴのバリトンはやはり違和感あり。指揮も不燃焼気味で、いささか期待外れの一組です。

オペラかじり虫 さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
期待していました。ネトレプコは期待通りで...

投稿日:2014/07/14 (月)

期待していました。ネトレプコは期待通りで強靭な声と歌唱は見事です。バリトン役のドミンゴはバリトンの声域をカバーできるので起用されたのでしょうが、声が軽く、バリトン然とした歌手を選ぶべきだったでしょう。カリニャーニの指揮は歌唱のバックになると極端に音量を落とし、歌唱を引き立てたつもりでしょうが、カバリエ・ドミンゴ(テノール)・ミルンズを起用した若かりしレヴァイン〈1972年録音・EMI)の活気に満ちたオーケストラに比し、なんとも見劣りがします。またアリアやデュエットの後の拍手がいちいち何十回も録音されているのは、映像ならともかくCDでの演奏会形式の最大の弱点でしょう。これらが期待に応えてくれなかったので残念です。ネトレプコの椿姫以外のヴェルディ・オペラへの期待、大です。

TASSY さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品