Blu-ray Disc 輸入盤

『シモン・ボッカネグラ』全曲 ガッリョーネ演出、カッレガーリ&パルマ・レッジョ劇場、ヌッチ、スカンディウッツィ、他(2010 ステレオ)(日本語字幕付)

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
724104
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
輸入盤

商品説明


ヴェルディ:『シモン・ボッカネグラ』
ヌッチ、メーリ、スカンディウッツィ
カッレガーリ&パルマ・レッジョ劇場


ヴェルディの全オペラの中でもジワッと迫る感動では筆頭の『シモン・ボッカネグラ』、パルマでの公演の映像が登場。しかもかなり充実したキャストです。
 なんといってもレオ・ヌッチのシモンが最高。『シモン・ボッカネグラ』には多くの映像があるものの、実は新しい映像でヌッチのような大物ヴェルディ・バリトンが歌っているものはほとんどありません。あらゆる点でズシリとした手応えを感じる見事なシモンで、オペラ全体に大きな深みを与えています。対するフィエスコには、もう20年以上この役の第一人者であるロベルト・スカンディウッツィ。抑えた表現の中に様々な思いが滲む、極めて渋いフィエスコです。アメーリアは、グルジアの名ソプラノ、タマール・イヴェーリ。日本でも、ポーランド国立歌劇場、スカラ座、新国立劇場と3度『オテロ』のデズデーモナを歌っていずれも称賛されましたので、すっかりおなじみでしょう。このアメーリアも、彼女の豊潤なのに清楚さがある声にピッタリです。ガブリエーレは、若手でも特に人気の高いテノール、フランチェスコ・メーリ。彼の直向きな歌はガブリエーレにピッタリで、ことに第2幕でのアリアは、こんないい曲だったっけ? と思わずにはいられないほど。そして優れた歌手たちをダニエレ・カッレガーリが見事にまとめています。
 ジョルジョ・ガッリョーネによる『シモン・ボッカネグラ』の演出は、2007年にボローニャ市立劇場のために制作されたもので、その後レッジェ・エミーリア、パレルモ、パルマ、ニースと多くの劇場で取り上げられた近年の定番というべきもの。モザイク画風の床を中心に、古くからの港町ジェノヴァの雰囲気を巧みに醸しています。(キングインターナショナル)

【収録情報】
ヴェルディ:歌劇『シモン・ボッカネグラ』全曲

 レオ・ヌッチ(Br シモン・ボッカネグラ)
 ロベルト・スカンディウッツィ(Bs フィエスコ)
 タマール・イヴェーリ(S アメーリア)
 フランチェスコ・メーリ(T ガブリエーレ)
 シモーネ・ピアッツォラ(Br パオロ)
 パオロ・ペッキオーリ(Bs ピエトロ)
 ルカ・カサリン(T 弩兵隊長)
 オレーナ・ハラチコ(S アメーリアの侍女)
 パルマ・レッジョ劇場管弦楽団&合唱団
 ダニエレ・カッレガーリ(指揮)

 演出:ジョルジョ・ガッリョーネ
 装置、衣装:グイード・フィオラート
 照明:ブルーノ・チュッリ

 収録時期:2010年3月23,25,28日
 収録場所:パルマ(ライヴ)

・ボーナス:『シモン・ボッカネグラ』について

 収録時間:本編137分、ボーナス10分
 画面:カラー、16:9、HD
 音声:DTS-HD MA 5.1 / PCM 2.0
 字幕:伊英独仏西中韓日
 Region All

 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品