ヴィヴァルディ(1678-1741)
新商品あり

ヴィヴァルディ(1678-1741) レビュー一覧 60ページ目

ヴィヴァルディ(1678-1741) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

606件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • ちなみに、最初からケース内にブックレットは入ってい...

    投稿日:2003/12/22

    ちなみに、最初からケース内にブックレットは入っていない。入れ忘れではないのでご注意を。

    廉価盤しか買わない男 さん

    0
  • CD3は、トラック1〜19までが、1992年録音 Fidelio Cla...

    投稿日:2003/12/22

    CD3は、トラック1〜19までが、1992年録音 Fidelio Classics (9217) のアルバム8曲中の6曲か。トラック20〜22が、1994年頃録音の Channel Classics (CCS8495) アルバム中の1曲では?ブリリアント・クラシックスは安いのはいいが、音源の出所を書いてほしい。CD3が1番良い。

    廉価盤しか買わない男 さん

    0
  • そもそもビバルディというと「四季」しか聴いたことが...

    投稿日:2003/11/08

    そもそもビバルディというと「四季」しか聴いたことがなく、私の居住する近辺では実演に触れる機会も皆無に等しい。今まで聴いてきた録音の中で、間違いなく最後まで楽しく聴けた演奏です。ありがとう。

    としちゃん さん

    0
  • この作品集は、多くの優れた作品を生み出しながら貧民...

    投稿日:2003/10/13

    この作品集は、多くの優れた作品を生み出しながら貧民窟で死んでいったビバルディの墓碑として、私のリスニングルームに置かれている。彼は貧民用の墓地に葬られたが、いま多くの音楽ファンのあたたかく尊敬に満ちた眼差しで見つめられている。一面に咲いた花々のような彼の作品こそ、彼の死を飾るにふさわしい花束である。

    豊後梅 さん

    0
  • アバド、ロンドン響の明るく、軽快なテンポの「四季」...

    投稿日:2003/08/15

    アバド、ロンドン響の明るく、軽快なテンポの「四季」。クレーメルの繊細で確かな技巧が光ります。安心して、快い気持ちで聞けるのが何よりです。

    コタキナ さん

    0
  • 他社の店頭コメントで「不協和音の連続」と酷評された...

    投稿日:2003/05/17

    他社の店頭コメントで「不協和音の連続」と酷評されたいましたが、その記述は間違っています。スコア通りキッチリとした演奏です。確かに弦楽は力が入りすぎているようです。30年前の東ドイツの録音技術が全体の印象を硬いものにしてしまったのかもしれません。しかし、木管mp音は、どこまでも甘く、非常に優しく、この上もないほどまろやかな音です。このコントラストは、ちょっと面白いですよ。好き好きですけどね。

    ロクベー さん

    0
  • 流石にビオンディサウンドも新鮮さを感じなくなってき...

    投稿日:2003/02/10

    流石にビオンディサウンドも新鮮さを感じなくなってきたが、今度は興味をそそる色々なソロ楽器の登場ときたか。ヤッパ聴かせるなー。いつも感心するのはどんなに斬新な表現でもItalyの流麗な歌心に満ち溢れており、Vivaldiには必要不可欠な要素だと思う。各々様式は違うがイムジチ、イタリア、イソリスティベネティ...Italy人のみが持つ共通した歌を感じるのは僕だけだろうか。

    風雷暴 さん

    0
  • 一つの楽章の中でテンポが大きく変化し(秋の第1楽...

    投稿日:2003/02/02

    一つの楽章の中でテンポが大きく変化し(秋の第1楽章など)、快速部分は同指揮者・同作曲家の「グロリア」の出だし同様ひたすら突っ走り、特徴ある音色にハッとする場面もあるが(冬の出だし)、聴きようによっては、わざとらしく思われる部分もある。細やかなニュアンスの変化という点でビオンディ盤の方が上と考える。

    住民投票 さん

    0
  • シモーネ盤がしっとりと情感豊かな表現なのに対し、こ...

    投稿日:2002/11/24

    シモーネ盤がしっとりと情感豊かな表現なのに対し、このビオンディ盤はきびきびとしたテンポの良いまるで舞曲であるかのような演奏。新鮮な響きが耳に心地よい。古楽ファンならずとも一聴に値するCDである。

    KURO さん

    0
  • 色々な四季の演奏を聴きましたが(古楽器・モダン楽器...

    投稿日:2002/08/11

    色々な四季の演奏を聴きましたが(古楽器・モダン楽器)、音楽的な流れを持った自発的な演奏、鮮やかなリズムの切れ味....。 何をとっても文句のつけようのない演奏です。楽譜に対して忠実な演奏として、現在求め得る最高のもののひとつだと思います。

    M.T さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%