CD 輸入盤

Seasons of Tango〜タンゴによるヴィヴァルディの『四季』 ユーリ・メディアニク(バヤン)、エモーション・オーケストラ(ヴァイオリン、ギター、コントラバス)

ヴィヴァルディ(1678-1741)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MEL1002544
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Russia
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

タンゴによるヴィヴァルディの『四季』

ロシアからウクライナにかけて用いられる楽器バヤン。1907年にピョートル・ステリゴフが考案し、主としてバラライカとのアンサンブルで用いられるロシア式のアコーディオンです。
 このアルバムは、著名なバヤン奏者ユーリ・メディアニクが考案したプロジェクト「クラシック音楽とタンゴの融合」の最初の録音で、ヴィヴァルディの『四季』をバヤンとヴァイオリン、ギター、コントラバスという異色のアンサンブルで演奏するという試みがなされています。ピアソラの『ブエノスアイレスの四季』とヴィヴァルディの『四季』を組み合わせた演奏は、これまでにも時折リリースされていますが、ここでのアレンジはヴィヴァルディそのものがタンゴに変容するという斬新なもの。メディアニクとエモーション・オーケストラはまるで中世のバンドのような柔軟な表現を駆使し作品を自在に演奏、誰もが知っている名曲に新たな魅力を加えています。(輸入元情報)

【収録情報】
SEASONS OF TANGO〜タンゴによるヴィヴァルディの『四季』(S.I.ヨーナー編)


● ヴァイオリン協奏曲ホ長調 RV.269『春』
● ヴァイオリン協奏曲ト短調 RV.315『夏』
● ヴァイオリン協奏曲ヘ長調 RV.293『秋』
● ヴァイオリン協奏曲ヘ短調 RV.297『冬』
● 『調和の霊感』よりヴァイオリン協奏曲第6番イ短調 RV.356

 ユーリ・メディアニク(バヤン)
 エモーション・オーケストラ
  セルゲイ・ポスペロフ(ヴァイオリン)
  アレクセイ・コルバノフ(ギター)
  オレグ・トゥルソフ(コントラバス)

 録音時期:2014年
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 Sound engineer - R.Oreshnikova

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヴィヴァルディ(1678-1741)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品