SACD

Four Seasons: Sepec(Vn)Deutsche Kammerphilharmonie

ヴィヴァルディ(1678-1741)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC5187
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

内容詳細

「四季」は激辛な演奏も少なくないが、そうした演奏は何度も聴くと疲れてくることは確か。ゼペックらの演奏は伝統的なスタイルと、最近の古楽器奏法とをバランスよく取り入れたもの。目をむくような驚きはないが、新鮮な響きにもあふれ、過不足なく楽しめる。(白)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
様々な四季を聴いてきて、これは個人的には...

投稿日:2015/03/11 (水)

様々な四季を聴いてきて、これは個人的には好きな方。 条件的にSACDであることを勘案し、 @この曲の演奏法として必要不可欠なスリリングさ A生命力 B描写性 すべて及第点。足りないものはイタリア的な音色の明るさ。 どこかどんより雲の色・・。あの青空とは違う世界・・。 同時期にリリースのラ・プティットと比べて演奏様式は面白い。 あちらのほうは小人数ならではの室内楽的な行間の美しさ。 こちらはそれなりの人数の合奏能力の高さとパーヴォに鍛え抜かれた 切れ味の鋭さ・・。決してパーヴォが仕事してないわけではなく、 その影響はとてつもなく大きい。

まめ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
ベズノシウク、クイケンと聴き比べると最も...

投稿日:2012/03/05 (月)

ベズノシウク、クイケンと聴き比べると最も現代的で、興奮度も一際高い。ゼペックとドイチェカンマーフィルらしさが存分に発揮された演奏の一つです。指揮者なしでここまでされてしまうと、にわかにヤルヴィは一体何の仕事をしてるのかと疑いたくなる程。

Ibsatoshi さん | 東京都 | 不明

0

ヴィヴァルディ(1678-1741)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品