CD 輸入盤

2つのヴァイオリンのための協奏曲集第1集 ミナージ、シンコフスキー、イル・ポモ・ドーロ

ヴィヴァルディ(1678-1741)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OP30550
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ヴィヴァルディ・エディション最新盤!
2つのヴァイオリンのための協奏曲集 Vol.1
ミナージ&シンコフスキーの鮮烈なソロに圧倒される1枚


数々の協奏曲集をリリースし、ヴィヴァルディの魅力を発信してきた当シリーズから、新たに「2つのヴァイオリンのための協奏曲集」がリリースされます。これまでにもソナタ集や協奏曲集の一部としていくつか取り上げられてきたものの、ヴァイオリン二挺のための作品だけを集めたものは本アルバムがシリーズ初となります。
 しかも、ヴァイオリン・ソロを務めるのが、古楽界に燦然と輝く二人の名手、リッカルド・ミナージとドミトリー・シンコフスキーというのですから、注目必至! 6曲のうち、ハ長調RV.508、ハ短調RV.510、ト短調RV.517ではミナージが第1ヴァイオリンを担当し、残りの3曲でシンコフスキーが第1ヴァイオリンを弾いています。両者共に目が覚めるような清々しい音運びで、ヴィヴァルディならではの溌剌としたリズムとヴィルトゥオジテあふれる旋律の数々を聴かせてくれます。
 バックを務めるイル・ポモ・ドーロは、ヴァイオリン協奏曲集の第4集(OP30533)でミナージと、第5集(OP30538)でシンコフスキーとそれぞれ共演し、見事なアンサンブルを披露してくれているだけに、今回の収録はまさに盤石の布陣と申せましょう。ピアニッシモでも緩むことのない明瞭な音の立ち上がりと、切れ味鋭い痛快な音運びはイル・ポモ・ドーロの面目躍如といったところ。1曲目のイントロから聴く人をぐぐっと惹きつける清澄なハーモニーを聴かせてくれます。二人のソリストの息もぴったりで、清爽としたアンサンブルが絶品です。
 ヴィヴァルディは生涯のうちに2つのヴァイオリンの協奏曲を20曲ほど残しており、今後の更なるリリースからも目が離せません。第1集から聴き逃せない、大注目のシリーズです!(キングインターナショナル)

【収録情報】
ヴィヴァルディ:2つのヴァイオリンのための協奏曲集 第1集
・イ短調 RV.523
・ハ短調 RV.510
・ハ短調 RV.509
・ト短調 RV.517
・変ホ長調 RV.515
・ハ長調 RV.508

 リッカルド・ミナージ(ヴァイオリン)
 ドミトリー・シンコフスキー(ヴァイオリン)
 イル・ポモ・ドーロ

 録音時期:2013年1月
 録音場所:イタリア、ロニーゴ、ヴィラ・サン・フェルモ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

  • 01. Allegro Molto
  • 02. Largo
  • 03. Allegro
  • 04. Allegro
  • 05. Largo
  • 06. Allegro
  • 07. Allegro Ma Poco E Cantabile
  • 08. Andante Molto
  • 09. Allegro
  • 10. Allegro
  • 11. Andante
  • 12. Allegro
  • 13. Allegro
  • 14. Largo
  • 15. Allegro
  • 16. Allegro
  • 17. Largo
  • 18. Allegro

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヴィヴァルディ(1678-1741)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品