CD 輸入盤

発見されたアリア集 プリーナ(A)ダントーネ&アカデミア・ビザンティナ

ヴィヴァルディ(1678-1741)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OP30443
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ヴィヴァルディ・エディション
ソーニャ・プリーナのヴィヴァルディ・アリア集!
伴奏はダントーネ!

好評のnaïveヴィヴァルディ・エディション、新刊はヴィヴァルディのアリア集です。珍しいのは『スカンデルベグ』。オペラは失われ、収録されている2つのアリアが現存するのみです。『怒れるオルランド』、『テウッツォーネ』、『試練の中の真実』からのアリアも、全曲CDに収録されたものとは異なった版を使用するというこだわりぶり。
 歌うはソーニャ・プリーナ。1975年生まれのイタリアのアルトで、バロックを中心に活躍しています。ヴィヴァルディ・エディションには、アレッサンドリーニ指揮の『オリンピアーデ』(OP30316)、同じく『セーヌ川の祝典』(OP30339)、デ・マルキ指揮の『狂人を装ったオルランド』(OP30392)に出演する常連で、さらにサヴァール指揮の『ファルナーチェ』(AV9822)にも出演するなど、ヴィヴァルディのアルト歌手として絶大な信頼を置かれています。気品と情熱を兼ね備えた彼女の歌は、このアリア集に収録されたヴィヴィアルディの多種多様なアリアの魅力を存分に引き出しています。しかも伴奏がなんとダントーネとアッカデミア・ビザンティナ。ステーファノ・モンタナーリのソロによる協奏曲も聴きものです。(キングインターナショナル)

“発見されたアリア”
ヴィヴァルディ:
・『試練の中の真実』からのアリア
・『スカンデルベグ』からのアリア
・『テウッツォーネ』からのアリア
・『ティート・マンリオ』からのアリア
・『怒れるオルランド』からのアリア
・弦楽のための協奏曲ヘ長調 RV136
・ヴァイオリン協奏曲変ロ長調 RV369

 ソーニャ・プリーナ(アルト)
 ステーファノ・モンタナーリ(ヴァイオリン)
 アカデミア・ビザンティナ
 オッターヴィオ・ダントーネ(指揮)

収録曲   

VIVALDI EDITION

  • 01. Arie Ritrovate

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヴィヴァルディ(1678-1741)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品