CD 輸入盤

ヴィヴァルディ:四季、サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ ミカラ・ペトリ(リコーダー)、トーマス・ダウスゴー&スウェーデン室内管弦楽団

ヴィヴァルディ(1678-1741)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5419707542
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

名手ミカラ・ペトリの超絶技巧のリコーダーで演奏した『四季』

もともとのソロ・ヴァイオリン・パートを、超絶技巧のリコーダーで演奏。ミカラ・ペトリはRCAにも1987年に『四季』を録音していましたが、ここでの再録音では華やかな装飾音をふんだんに駆使、これまでの『四季』とは違った面白さ、新鮮さは格別。(輸入元情報)

【収録情報】
● ヴィヴァルディ:協奏曲集『四季』
● サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ Op.28


 ミカラ・ペトリ(リコーダー)
 スウェーデン室内管弦楽団
 トーマス・ダウスゴー(指揮)

 録音時期:2005年6月
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
★
★
★
★
有名な曲なので様々なアレンジがありますが...

投稿日:2021/01/29 (金)

有名な曲なので様々なアレンジがありますが、飛び抜けて「珍盤」です。リコーダの変化自在・自由気ままな演奏にも驚きますが、バックの弦楽合奏もなかなかの大胆さです。特に緩徐楽章はリコーダよりもバックの演奏の方が面白いでした。

jin さん | 長野県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ミカラ・ペトリの四季?とりあえず、ヴァイ...

投稿日:2008/02/14 (木)

ミカラ・ペトリの四季?とりあえず、ヴァイオリン・ソロのパートを清楚なリコーダーで吹いてくれているのだな、と思って聴き出したんだけど、思わず頭が真っ白になってしまった。何じゃこりゃ?リコーダーが、のたうち回っている。それもフレージングがどうのこうの、というレベルではなく、完全にアレンジか、即興と言っていいレベル。加えて、バックのオケが、まるでピリオド様式の如く生真面目にカクカクと突っ込んでくる。まるで吉本新喜劇のベタなボケとツッコミを見ているようだ。大珍盤発見。「最高!」は大阪府限定。昔、憧れの人だったのに…

鯖太郎 さん | 大阪 | 不明

1
★
☆
☆
☆
☆
This is rubbish. Vivaldi has written so ...

投稿日:2008/01/18 (金)

This is rubbish. Vivaldi has written so many beautiful flute concertos that it is incomprehensible that Petri wants to waste her time on this. If you like flute concertos, go for Emmanuel Pahud (3472122) instead. If you like the Four Seasons, I recommend Monica Huggett (5616682).

Proboscis さん | Malaysia | 不明

0

ヴィヴァルディ(1678-1741)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品