CD 輸入盤

ファイヴ・シーズンズ〜ヴィヴァルディ:『四季』、セドラー:スプリング・イン・ジャパン ラドゥロヴィチ

ヴィヴァルディ(1678-1741)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
AR004
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ネマニャ・ラドゥロヴィチ待望の新譜!
鮮やかなコントラストと、音楽することの喜びに満ちた『四季』。
日本を主題とした『スプリング・イン・ジャパン』の大迫力演奏


現代に甦ったパガニーニ。セルビア生まれのヴァイオリン奏者、ネマニャ・ラドゥロヴィチ待望の最新盤はヴィヴァルディの『四季』。ネマニャ独特の物凄い推進力と、少し甘さを帯びた音楽作りは、『四季』をきわめてヴィヴィッドに響かせます。音楽することの喜びが、ネマニャとアンサンブルメンバーとの息遣いの間、ひとつひとつのフレーズの間に満ちあふれている、実に瑞々しい演奏。『春』の第3楽章は、通常速めのテンポで演奏されることが多いですが、ネマニャは『春』に関して、第1楽章は日の出、第3楽章は一日の終り(日没)と語っていますが、まさに太陽が地平線に美しく輝くさまが目に浮かぶような雄大な演奏となっています。『夏』の嵐の楽章のエッジの効いた表現は、若いメンバーたちによる演奏ならではのエネルギーに満ちています。
 『四季』のアンサンブル、ドゥーブル・サンスは、セルビアとフランス、2つの国の音楽家によって結成された若手グループ。ネマニャ初のセッション録音ということでも注目の、期待を裏切らない出来栄えとなっています。
 カップリングは、同じくセルビア出身のアレクサンダー・セドラーの作品。震災のニュースを見て「日本のために何かしたい」と強く思ったネマニャが、セドラーに委嘱したものです。日本の印象にインスピレーションを得て書かれたもので、日本風な旋律の愛の歌から始まり、嵐のような激しい部分を経て、スキヤキ・ソングも遠くに聴こえる雰囲気の中、最後は輝かしい超絶技巧で華々しく幕となる、ネマニャの魅力が大炸裂する作品です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
1. ヴィヴァルディ:『四季』
2. アレクサンダル・セドラー:スプリング・イン・ジャパン

 ネマニャ・ラドゥロヴィチ(ヴァイオリン、指揮)
 ドゥーブル・サンス(1)
 悪魔のトリル(2)

 録音時期:2011年5月
 録音方式:デジタル(セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
2009年のラ・フォル・ジュルネでセンセーシ...

投稿日:2011/11/29 (火)

2009年のラ・フォル・ジュルネでセンセーションとなったネマニャの「四季」。コンサート後、通路で出会った彼は、私の絶賛に応えて「この曲は録音するよ」と約束してくれた。それから2年半、待ちに待ったリリースだ。しかも、そのCDには「日本の春」をテーマにした新曲も併録。彼が日本のファンを大切にしてくれているのを感じるアルバムだ。 果たして、その音楽は、コンサートでの印象通りだ。いや、矛盾しているようだが、そのときと同様に、「初めて聞く四季」だ。いままで聞いたどの四季とも全く違う表現に満ちあふれている。常に変化するフレージングの多様さ、はっとするアゴーギグのギアチェンジ、思いがけないデュナーミクの落差、楽譜にない奏法を絡めながら、絶え間なく変化する音風景は、月並みな例えだがジェットコースターのよう。 繰り返すが、この多彩な表現は、2年半前と大きく変わってはいない。それでいながら、何度聞き返してもまだ新鮮なショックが襲ってくる。 このアルバムは、ヴィヴァルディの演奏に規範像を持っている人には受け付けられないものかもしれない。だが、自由に音楽を楽しむ気持ちを持っているなら、ぜひ聞いて欲しい。この曲にこんな表現の余地があったのか、という思いが現れ、感心している間もなく次のサプライズが訪れる。これまでに四季を聞いた経験が多いひとほど、すべての楽章で快感と言ってもいい新鮮な感動を得られるのではあるまいか。 5つ目の季節「日本の春」は、正確には「Spring in Japan 2011」。震災に見舞われた2011年の春をテーマに、叙情的な古謡素材ばかりか、中間部分とエンディングではアップテンポの「上を向いて歩こう」ヴァリエーションで、現代日本の多彩な春の情景を描きながら、復興への応援歌を奏でてくれたのだと思う。 ネマニャにはまった人ならもちろん即座に入手しているだろうが、ぜひ多くの人に聞いてほしい。今年の私の一押しはこれだ。

kuzu2001 さん | 東京都 | 不明

2

ヴィヴァルディ(1678-1741)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品