ヴィラ=ロボス(1887-1959)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ショーロス全集、ブラジル風バッハ全集、ギター独奏曲全集 ミンチュク、ネシュリング&サン・パウロ響、ミオリン、他(7CD)

ヴィラ=ロボス(1887-1959)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BIS1830
組み枚数
:
7
レーベル
:
Bis
:
Sweden
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ヴィラ=ロボス:ショーロス&ブラジル風バッハ全集(7CD)
これは魅力、ヴィラ=ロボスの名作がこの値段で揃うとは!


意外にファンが多いことに驚かされたサンパウロ響のヴィラ=ロボス・シリーズが超お買い得価格BOXで登場。『ブラジル風バッハ』は全曲に加え、第9番は弦楽オーケストラ版と無伴奏合唱版の2種、『ショーロス』も全曲に加え、ギターと管弦楽のための序章とヴァイオリンとチェロのための『2つのショーロス』まで収録。さらに『ショーロス形式による木管五重奏曲』は名人集団ベルリン・フィル木管五重奏団の演奏という豪華盤。ヴィラ=ロボスを語るうえで必携のBOXと申せましょう。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・ブラジル風バッハ(第1〜9番、第9番は弦楽オーケストラ版、無伴奏合唱版の2種収録)
・ショーロス(第1〜12番、ショーロス序章、2つのショーロス)
 ドンナ・ブラウン(ソプラノ)
 クリスティナ・オルティズ(ピアノ)
 ジャン=ルイ・ストイアマン(ピアノ)
 ファビオ・ザノン(ギター)
 サン・パウロ交響楽団&合唱団
 ロベルト・ミンチュク(指揮)ブラジル風バッハ
 ジョン・ネシュリング(指揮)ショーロス

 録音時期:2002-2006年
 録音方式:デジタル(セッション)

・ショーロス形式による木管五重奏曲
 ベルリン・フィルハーモニー木管五重奏団

 録音時期:1997年
 録音方式:デジタル(セッション)

・ギター独奏曲全集(5つの前奏曲、ブラジル民謡組曲、12の練習曲)
 アンデシュ・ミオリン(ギター)

 録音時期:1994年
 録音方式:デジタル(セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Introduction to the Choros, for Guitar & Orchestra, a. 239
  • 02. Chros Bis (2), for Violin & Cello, a. 227: 1. Moder
  • 03. Chros Bis (2), for Violin & Cello, a. 227: 2. Lent - Moins - Lent
  • 04. Chros No. 2, for Flute & Clarinet, a. 197
  • 05. Chros No. 3, for Male Chorus & Winds, 'Picapau', a. 206
  • 06. Chros No. 10, for Chorus & Orchestra, 'Rasga O Coraao' (Also Ballet, 'Jurapary'), a. 209
  • 07. Chros No. 12, for Orchestra, a. 233

ディスク   2

  • 01. Chros No. 6, for Orchestra, a. 219
  • 02. Chros No. 1, for Guitar, 'Tipico Brasileiro', a. 161
  • 03. Chros No. 8, for 2 Pianos & Orchestra, a. 208
  • 04. Chros No. 4, for 3 Horns & Trombone, a. 218
  • 05. Chros No. 9, for Orchestra, a. 232

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ヴィラロボスのショーロスとブラジル風バッ...

投稿日:2010/07/11 (日)

ヴィラロボスのショーロスとブラジル風バッハがこれだけ収められているCDは他にないと思うし、コストパフォーマンスも高く、多くの人に勧めたい。ブラジル風バッハ第4番はピアノソロ版とオケ版、9番は弦楽合奏版とコーラス版の両者が収録されているのも嬉しい。 肝心のブラジル風バッハ第7、8番におけるミンチュクの指揮が薄味で、ヴィラロボスの真価を伝えていないのが残念。この2曲は別の演奏を聴いて欲しい。

絢音 さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
BISの南米プロダクション。結果的には普段...

投稿日:2009/12/02 (水)

BISの南米プロダクション。結果的には普段のBISトーンになっており、過度にラテン色を強調しない、聴きやすい仕上がりになっています。楽曲の網羅度の高さも嬉しいところ。これからヴィラ=ロボスを聴こうという方には迷わずお薦めできるセットです。録音も極めて優秀。

SeaCrow さん | 東京都 | 不明

5

ヴィラ=ロボス(1887-1959)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品