ヴィクトル・ユゴー

人物・団体ページへ

レ・ミゼラブル ファンティーヌとコゼット 愛蔵版 世界の名作絵本

ヴィクトル・ユゴー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784338260046
ISBN 10 : 4338260041
フォーマット
出版社
発行年月
2012年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
54p 28×27cm

内容詳細

1815年10月のある夕ぐれどき、疲れて腹をすかせたひとりの男が歩いてディーニュの街にやってきた。男の名は、ジャン・ヴァルジャン。どの店からもことわられ、食事も寝る場所さえもあきらめかけたとき、1軒の家が扉をあけた。男は、ひらきなおって、いった。「わたしは監獄から出てきたばかりです!19年のあいだ、トゥーロンの監獄にいた」家の主人、司教のミリエル閣下はおどろきもせず男をむかえいれ、美しい銀の燭台をふたつ出して、もてなした。つぎの早朝、その恩をふみにじるようにもと囚人は銀器を盗んで、こっそり逃げだしたのだが…。

【著者紹介】
ヴィクトル・ユゴー : 1802〜1885。フランス最大の詩人であり、今も国民的英雄とうたわれる文豪(詩人、劇作家、小説家)。詩には『静観詩集』をはじめ多くの作品があるが、当時最大の文学ジャンルであった演劇でも、『エルナニ』で古典派からロマン派の時代到来を告げた。また小説の代表作に、寺院の鐘つき男カジモドの物語『ノートルダム・ド・パリ』、『レ・ミゼラブル』があり、ともに19世紀から現代にまで続くロングセラーとなっている

ジェラール・デュボワ : 1968年フランス生まれ。パリのL.E.I.リュ・マダムとエコール・エスティエンヌでグラフィックデザインを学び、卒業後の1989年、北米に活動の拠点を移す。フランス大使館でのグラフィックデザインのアドバイザーを皮切りに、イラストレーターとして、ニューヨーク・タイムズ、タイム、ル・モンドをはじめ多数の高級紙誌で活躍。ニューヨーク、パリ、モントリオール、トロントでは個展も開催し、絵本作品も多数

河野万里子 : 1959年、父の転勤先の大阪で生まれ、主に東京と横浜で育つ。上智大学外国語学部フランス語学科卒業。会社勤務を経て、1989年、雑誌「翻訳の世界」翻訳奨励賞最優秀賞受賞を機に、英語とフランス語の小説や絵本などの翻訳に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 小夜風 さん

    【図書館】「レ・ミゼラブル」初読み。絵本なので長い長い物語のほんの序章……らしいのですが、面白くて惹き込まれて夢中で読みました♪こんなお話だったのですね。犯した罪は消えないし、そのせいで自分自身が長年苦しむことになるのですが、ジャン・ヴァルジャンが傷つけた少年に謝れる日がいつか来るのかな。コゼットがファンティーヌに会える日がいつか来るのかな。物語全部読んでみたくなりました。

  • ごへいもち さん

    読友さんご紹介本

  • ケニオミ さん

    5部ある「レ・ミゼラブル」のうち、第1章「フォンティーヌ」と第2章「コゼット」をまとめた絵本です。茶を基調とする暗い挿絵は雰囲気に合っていると思います。パンを盗んで服役するシーンはありませんでしたが、司教の家から銀のナイフを盗んで捕まり、再び司教と対面する場面には、もう分かっているにも拘らず、熱いものがまたこみ上げてきました。刑事ジャベールは登場しましたが、執拗な追跡はまだ始まっていません。そのため、ドキドキするような緊迫感はお預けです。続編に期待することにします。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    母と女性教職員の集いブックトーク&読み聞かせ(ブックトーク 小学校高学年向け) 子どもの頃読んだ時には『ああ、無情』でした(笑)あの長いお話がどんな絵本になっているのだろうと思いましたが、ホンの序章のみ。でも続きを読んでみたい!と思える作品です。 『13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』 https://bookmeter.com/books/12736537 紹介絵本。【テーマ どっちも大切。恋愛と友情】

  • みかん@道北民 さん

    絵本なら読めるかなと借りてみました。そうか、こんな話だったのですね…。どうなることかと思ったけれど希望のあるラストでよかったーと思わずにいられません。頭硬い刑事め!と何度思ったことか(笑) でも本当はまだまだ話が続くのですよね…。絵本でなら読めると思うのですが^^;

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴィクトル・ユゴー

1802‐1885。フランスの作家・詩人。父はナポレオン軍の将校。ブザンソン生まれ。兄とともに入った寄宿舎で文学に目覚めて詩作や劇作を始め、17歳のとき兄と文芸誌を創刊。20歳で出した初めての詩集が評価され国王から年金を賜る。その後小説、戯曲にとロマン派の旗手として目覚ましい活躍を始める。39歳でア

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品