お茶の歴史

ヴィクター・H.メア

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309225326
ISBN 10 : 4309225322
フォーマット
出版社
発行年月
2010年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
312

内容詳細

植物学、医学、宗教、文化、社会、政治など、様々な側面から「安全で刺激的な飲みもの」を克明に描いた名著。初めて茶の「全世界・全歴史」を詳しく語った待望の決定版。100点を超える貴重な図版を掲載。

【著者紹介】
ヴィクター・H・メア著 : ペンシルヴェニア大学の中国語および中国文学教授

アーリン・ホー : ストックホルム生まれのアメリカ育ちで、一時期は台湾にも在住。現在はスウェーデンで活動するジャーナリスト、フリーライター。専門は中国の文化・歴史・時事問題。雑誌「Archaeology(考古学)」およびデンマークの新聞社の元記者

忠平美幸 : 1962年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。図書館司書を経て現在は翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アリョーシャ さん

    茶がどのように飲まれるようになり、どのようにして世界に進出していったかが語られる。定番の中国、日本、イギリスだけではなく、モンゴルやチベット、中東やアフリカなど、茶と結びつけにくい地域での歴史もしっかりと語られている。茶という小さな葉が、人類の歴史にいかに大きな影響を与えてきたかがよくわかった。

  • Aby さん

    目当ては,アヘン戦争とインド・スリランカの植民地経営の部分(第14章,第16章).世界システム論的に深めて欲しかった,というのは贅沢だな.

  • Tetsuji Yamaguchi さん

    ★★★

  • jitchan さん

    翻訳の参考として翻訳に関係のある中国、日本、イギリス関連の記事をつまみ読み。それでも面白かった。よくぞここまでと思うくらい調べられている。日本に関する記述も正確で違和感はまったく感じなかった。好著。【評価せず】

  • 影実 さん

    お茶の発祥に始まり、お茶が伝播していった過程、伝播していった土地で発展した独特のお茶の飲み方、政治や生活との関わり方などをまとめた本。地域ごとに章が分けられ息抜き的なコラムも付いており面白い。紅茶の歴史など特定のお茶について書かれた本は多いが、この本のように世界各国のお茶の歴史をまんべんなく取り扱ったものは珍しい。普段なかなか知る機会のないお茶に関する知識が満載で(19世紀のアメリカでは緑茶が好まれていた、など)お茶好きにとって必読な本だと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品