ヴァージニア・ウルフ

人物・団体ページへ

幕間 平凡社ライブラリー

ヴァージニア・ウルフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784582768978
ISBN 10 : 4582768970
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
304p;17

内容詳細

スターリンがムッソリーニが、ヒトラーが台頭しつつあった頃、イギリス内陸の古い屋敷で上演される野外劇に集った人々──迫り来る戦争の気配と時代の気分を捉えた遺作の新訳。

【著者紹介】
ヴァージニア・ウルフ : 1882‐1941ロンドン生まれ。1904年より、知人の紹介で書評やエッセイを新聞などに寄稿。父の死をきっかけに、兄弟姉妹とロンドンのブルームズベリー地区に移り住み、後にブルームズベリー・グループと呼ばれる芸術サークルを結成。1912年、仲間の一人、レナード・ウルフと結婚。33歳から小説を発表しはじめ、三作目の『ジェイコブの部屋』(1922)からは、イギリスでもっとも先鋭的なモダニズム芸術家の一人として注目される。生涯にわたって心の病に苦しめられ、1941年、サセックスのロドメルで自殺し、59年の生涯を閉じた

片山亜紀 : 獨協大学外国語学部教授。イースト・アングリア大学大学院修了、博士(英文学)。イギリス小説、ジェンダー研究専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アキ さん

    昨夜高橋源一郎の飛ぶ教室で紹介されていたヴァージニア・ウルフ。平凡社から今年新訳で出版された彼女の遺作を読む。1939年6月のある一昼夜のイギリスが舞台。イングランドの文学の歴史を感じさせるようなシェイクスピアの引用や詩のオマージュ、劇のセリフと観客であるオリヴァー家の人間模様が相まって混然とした世界を見せている。あくまで人間描写にこだわった小説。世界中に植民地を持つ大英帝国最後の時期、大陸での戦争の足音が聞こえつつある時代の雰囲気がこの小説にも影を落としているように思える。自分には高尚すぎて心に響かず。

  • まこ さん

    戦争が起こる少し前でも日常は存在する。その中に貴族的なものがあり、作中芝居でルーツとなるイギリスの歴史を描くが、最終章が滅茶苦茶。その後の戦争で貴族の価値が下がるのを1941年没の作者は感づいていたのだろうか。作中にゲイとレズビアンの登場人物が出てくるものの解説を読まないとわからないが、知っていると当人たちの言動に理由が生まれる。上記に挙げたことだけでなく主人公ポジのジャイルズ夫妻の今後もうやむや。少ない手がかりから正解や自分なりの解釈を見つけていく作品でした。

  • ケイトKATE さん

    1939年6月、イギリスのとある田舎の邸宅の庭で行われた野外劇の一日が描かれている。一見すると物語は大した波乱もなく平穏な出来事に思えるが、物語の3ヶ月後に始まる戦争の不安が各所に語られている。ウルフは『幕間』を書き上げた後に自ら命を絶つのだが、本書を遺書として書いたのだろうか?平和な日は戻ることはなく絶望を感じながら。物語の終盤に登場する「今年、去年、来年、もうない……」という言葉が心に重く響く。

  • ムチコ さん

    ウルフの遺作。1939年6月、英国内奥部のオリヴァー屋敷で行われる野外劇。第二次大戦前夜のそこはかとない不穏と6月の田園地区の昼から夜、野外劇でメロドラマの形であらわされる英国の歴史と登場人物の思惑、それらがゆるく重なり合う。やがて日が落ちたのち、暗がりの中で女性劇作家と登場人物のカップルがそれぞれに見据えようとするものは力強い。ウルフは大切な人が死んだあとの世界を描くイメージだが本作ではみんな生きてるのがちょっと意外。豊富な訳注と謙虚な訳者解説に理解を助けられた、というか訳注がないとさっぱりだったかも。

  • Mana さん

    難解ではないんだけど、読む流れが止まり気味。読んでる間は普通に読むけど、先が気になってのめり込むような感じでもない。ヴァージニア・ウルフは、やっぱりダロウェイ夫人が一番好きかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴァージニア・ウルフ

1882‐1941。1882年、著名な文芸批評家レズリー・スティーヴンを父親として、ロンドンに生れる。父親の教育と知的な環境(ブルームズベリ・グループ)の中で、早くから文芸への情熱をはぐくむ。1915年、最初の長篇小説『船出』を出版し、ついで『夜と昼』『ジェイコブの部屋』を発表する。さらに、小説世界

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品