ヴァージニア・ウルフ

人物・団体ページへ

オーランドー ちくま文庫

ヴァージニア・ウルフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480034298
ISBN 10 : 4480034293
フォーマット
出版社
発行年月
1998年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,333p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    まずは奇書である。1人の人物(オーランドー)の一代記なのだが、時間的には16世紀から20世紀までとひじょうに長いスパンで語られており、しかもその語りは何枚もの衣を纏っているかのようでもある。さらにはそれらを剥しても、またその下に何かが隠れている気配まであったりする。オーランドーは30歳までを男として過ごし、そこからは女としての生を歩む。かといってアンドロギュノスの物語という訳でもない。性の転換はなんだか、ごく自然なことのようでもある。そんなこんなで、この奇書を私はどう扱っていいのか困惑するのである。

  • ケイ さん

    改めて読んで、風景描写の素晴らしさに胸高鳴り、心奪われた。サーシャがいなくなる日のテムズ川を氷混じりの濁流が、色んなものを壊し流れていく様子や、遥か先に見えるロシアの船。真実とまがい物の違いを露わにする光の瞬き。結婚式の日の、森のひっくり返ったような様子。原書ではどのように表現されているのかと探してみると、感動はさらに深まった。言葉でここまで生きた風景を描けるのかと驚くばかり。自由で美しいOrlandoは性を超越したところにいる。ジェンダーフリーのこの時代にもっと読まれ語られるべきではないかしら。

  • ケイ さん

    大公は蛇の化身かしらと確認のために再読。今回は宗教的暗示がとても気になった。男のOrlandoが、女に化けた大公に脛を触られてぞくりとしたのは無意識の性的興奮。白と黒の2つの側面を持つ愛のこれは黒の方だと恐れて、逃げ出すためにトルコに赴任する。しかし、狂乱の後に昏睡状態に陥る7日間。 7日とは、天地創造を思わせる。そして、Orlandoが再生する前にやってくる3人の人物は東方の三博士か、ラッパを吹くキューピットか。サーシャが去った後に陥った昏睡も7日間。再生のために一度死ぬ。読めば読むほど興味深まる。

  • 手を洗う♪みどりpiyopiyo♪ さん

    エリザベス一世寵愛の美少年、敏腕トルコ大使、ロンドン社交界きってのレディ、文学賞を受賞した詩人。16世紀から20世紀へ時を越え生き続けたオーランドー。って、つまりは何者? ■様々な人に出会い、恋し、傷つき、変化する時代精神を乗りこなし。その長い人生の物語の中に、英国の都市や自然の変遷、貴族階級と市井の人々、男女のあり方、英国文学史などを描きます。■時を超え詩を描き続けるオーランドーは、詩人が成長する過程そのものであり、英国の「詩」そのものなのでしょう。「理想の芸術家は両性具有者である」(1928年)(→続

  • NAO さん

    エリザベス一世寵愛の美少年、敏腕トルコ大使、ロンドン社交界きってのレディ、文学賞を受賞した詩人。両性具有者として三百年以上の年月をまたにかけ、その長きにわたって詩を描き続けているオーランドーこそは、詩人が成長していく過程そのものであり、イギリスの「詩」そのものだ。そういった象徴的なことは抜きにしても、時代を越えて活躍し続けるオーランドーの一風変わった生涯を追うのはなかなか面白い。このハチャメチャさはジョイスと通じるところがあるが、私は『燈台へ』や『波』のような静かで美しい文章をつづるウルフの方が好きだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴァージニア・ウルフ

1882‐1941。1882年、著名な文芸批評家レズリー・スティーヴンを父親として、ロンドンに生れる。父親の教育と知的な環境(ブルームズベリ・グループ)の中で、早くから文芸への情熱をはぐくむ。1915年、最初の長篇小説『船出』を出版し、ついで『夜と昼』『ジェイコブの部屋』を発表する。さらに、小説世界

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド