ヴァイル、クルト(1900-50)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

三文オペラ、七つの大罪、『銀の湖』全曲、リンドバーグの飛行、他 レイサム=ケーニック、ツァグロセク、ケルン放送管、他(5CD)

ヴァイル、クルト(1900-50)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
C7178
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


クルト・ヴァイル・エディション第1集(5CD)

劇場作品にこだわり、数多くのアルバムを制作してきたカプリッチョ・レーベルでは、クルト・ヴァイル(ワイル)の劇場作品についても体系的にレコーディングおこなっていました。
 今回、それらの音源をまとめ、お買得ボックスの形でリリースする「クルト・ヴァイル・エディション」がスタート。第1集にはブレヒトと組んだソングシュピール『マハゴニー』(1927)、音楽劇『三文オペラ』(1928)、放送劇用カンタータ『リンドバーグの飛行』(1929)、学校オペラ『ヤーザーガー(イエスマン)』(1930)、歌入りバレエ『七つの大罪』(1933)という5作品に、カイザーとの劇的物語『銀の湖』(1933)を収録。
 これらの作品は1927年から1933年、ドイツ経済が上向いたもののナチスが台頭し始めて物騒な世相になりつつあった時代に書かれたものです。
 ヴァイルがブレヒトと出会ったのが1927年、『三文オペラ』で成功を収めたのが1928年、ナチスの公演妨害を避けてパリに逃れ『七つの大罪』を書いたのが1933年ということで、激動の時代を生きたヴァイルの才能がフルに発揮されているのがこれらの作品ということになります。
 ちなみにヴァイルとブレヒトの初の共同作業となったソングシュピール(歌芝居)『マハゴニー』は、3年後に『マハゴニー市の興亡』として発展的にオペラとして仕上げられています。(HMV)

【収録情報】
Disc1
● ヴァイル:音楽劇『三文オペラ』


 ヴァルター・ラファイナー(バリトン)
 ペーター・ニコラス・カンテ(テノール)
 ジェーン・ヘンシェル(メゾ・ソプラノ)
 ウルリケ・シュタインスキー(ソプラノ)
 ガブリエレ・ラム(ソプラノ)
 ロルフ・ヴォラート(バリトン)
 ヨランタ・テレサ・クズニーク(ソプラノ)
 ラインハルト・フィルコウ(バリトン)
 ケルン・ヘンデル・コレギウム
 ケーニック・アンサンブル
 ジャン・レイサム=ケーニック(指揮)

 録音時期:1994年3月
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc2
● ヴァイル:歌入りバレエ『七つの大罪』
(編曲:W.ブリュックナー=リュッゲベルク)

 ドリス・ベーレット(ソプラノ)
 ディーター・エーレンベック(テノール)
 カール・マルクス(テノール)
 カルロス・フェラー(バリトン)
 マルコム・スミス(バス)、他
 ケルン放送管弦楽団
 ローター・ツァグロゼク(指揮)

 録音時期:1978年
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

● ヴァイル:ソングシュピール『マハゴニー』

 トゥルデリーゼ・シュミット(メゾ・ソプラノ)
 ガブリエレ・ラム(ソプラノ)
 ホルスト・ヒースターマン(テノール)
 ペーター・ニコラス・カンテ(テノール)
 ヴァルター・ラファイナー(バリトン)
 ハンス・グランツェン(バリトン)
 ケーニック・アンサンブル
 ジャン・レイサム=ケーニック(指揮)

 録音時期:1991年
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc3
● ヴァイル:放送劇用カンタータ『リンドバーグの飛行』


 ヴォルフガング・シュミット(テノール)
 ヘリベルト・フェクラー(バス)
 ローレンツ・ミンス(ヴォーカル)、他
 ケルン・プロ・ムジカ・ヴォーカル・アンサンブル
 ケルン放送管弦楽団
 ジャン・レイサム=ケーニック(指揮)

 録音時期:1987年
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

● ヴァイル:学校オペラ『ヤーザーガー(イエスマン)』

 トビアス・シュマイザー(ボーイ・ソプラノ)
 ヒルケ・ヘリンク(ヴォーカル)
 ウルリヒ・シュッテ(バリトン)
 トマス・ブラウティハム(テノール)
 トーマス・フィッシャー(テノール)
 マイケル・クノッペル(バス)、他
 フレドニア・チェンバー・シンガーズ
 ドルトムンド大学室内合唱団
 ニューヨーク大学ウィンド・プレイヤーズ
 ウェストファリアン交響楽団
 ウィリ・グンドラフ(指揮)

 録音時期:1990年
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Disc4-5
● ヴァイル:劇的物語『銀の湖』


 ハンス・コルテ(バリトン)
 ヴォルフガング・シュミット(テノール)
 ヒルデガルト・ハイヒェレ(ソプラノ)
 フレデリック・マイヤー(テノール)
 マイケル・トーマス(ナレーター)
 アンドレア・アンドニアン(ソプラノ)
 ジョン・ライリー=スコフィールド(テノール)、他
 ケルン・プロ・ムジカ・ヴォーカル・アンサンブル
 ケルン放送管弦楽団
 ジャン・レイサム=ケーニック(指揮)

 録音時期:1989年
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Overture
  • 02. Moritat Von Mackie Messer: Und Der Haifisch, Der Hat Zahne (Ballad Singer)
  • 03. Morgenchoral Des Peachum: Wach' Auf, Du Verrotteter Christ!
  • 04. Anstatt Dass, Anstatt Dass, Sie Zu Hause Bleiben
  • 05. Bill Lawgen Und Mary Syer Wurden Letzten Mittwoch
  • 06. Meine Herrn, Heut Sehn Sie Mich Glaser Aufwaschen, 'Seerauber-Jenny'
  • 07. John War Darunter Und Jim War Dabei
  • 08. Siehst Du Den Mond Uber Soho?
  • 09. Einst Glaubte Ich
  • 10. Was Ich Mochte, Ist Es Viel?
  • 11. Ach, Mac, Reiss Mir Nicht
  • 12. Und Der Kommt Doch Nicht Wieder, 'Polly's Song'
  • 13. Also, Wenn Ihr Mackie Messer
  • 14. Ballade Von Der Sexuellen Horigkeit: Da Ist Nun Einer Schon Der Satan Selber
  • 15. Zuhalterballade: In Einer Zeit, Die Jetzt Vergangen Ist
  • 16. Ballade Vom Angenehmen Leben: Ihr Herrn, Urteilt Jetzt Selbst
  • 17. Eifersuchtsduett: Komm Heraus, Du Schonheit Von Soho
  • 18. Eifersucht, Wut, Liebe Und Hame, 'Lucy's Aria'
  • 19. Finale: Ihr Herrn, Die Ihr Uns Lehrt
  • 20. Lied Von Der Unzulanglichkeit Menschlichen Strebens: Der Mensch Lebt Durch Den Kopf
  • 21. Salomon-Song: Ihr Saht Den Weisen Salomo
  • 22. Ruf Aus Der Gruft: Nun Hort Die Stimme
  • 23. Grabschrift: Ihr Menschenbruder, Die Ihr Nach Uns Lebt
  • 24. Finale: Horch, Wer Kommt?

ディスク   2

  • 01. Meine Schwester Und Ich Stammen Aus Louisiana
  • 02. Hoffentlich Nimmt Sich Unsre Anna Auch Zusammen
  • 03. Als Wir Aber Ausgestattet Waren
  • 04. Das Geht Nicht Vorwarts
  • 05. Da Ist Ein Brief Aus Philadelphia
  • 06. Und Wir Fanden Einen Mann in Boston
  • 07. Wie Hier in Der Zeitung Steht
  • 08. Und Die Letzte Stadt Der Reise War San Francisco
  • 09. Darauf Kehrten Wir Zuruck Nach Louisiana
  • 10. Auf Nach Mahagonny
  • 11. Alabama Song: Oh, Show Us the Way to the Next Whisky-Bar!
  • 12. Das Leben in Mahagonny: Vivace - Wer in Mahagonny Blieb
  • 13. Das Leben in Mahagonny: Vivace Assai - Benare's Song: There in No Whisky in This Town
  • 14. Das Leben in Mahagonny: Sostenuto - Gott in Mahagonny: An Einem Graun Vormittag
  • 15. Revolution in Mahagonny: Aberdieses Ganze Mahagonny

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
CDは紙ジャケに入っていて解説書は作品の...

投稿日:2015/11/09 (月)

CDは紙ジャケに入っていて解説書は作品の粗筋などが書かれた簡単な薄いものでテキストは付いていない。 一番面白いと感じたのは『銀の湖』。有名な『三文オペラ』よりも楽しめた。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0

ヴァイル、クルト(1900-50)に関連するトピックス

おすすめの商品