CD 輸入盤

ローラ・ボベスコ/1957〜1961年録音集(3CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SWR19067CD
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ローラ・ボベスコ/1957-1961年録音集

ルーマニア出身の女性ヴァイオリニスト、ローラ・ボベスコ[1921-2003]の名演集。指揮者の父親を持ち、幼いころから音楽の才能を開花。1928年パリに留学、エコールノルマル音楽院を経てパリ音楽院で研鑽を積んだ後、ジョルジュ・エネスコやジャック・ティボーに学び、1937年「ウジェーヌ・イザイ・コンクール」に入賞、本格的な演奏活動を始めました。第二次世界大戦後はベルギーに帰化、国際的に活躍するとともに、教師として後進を指導、またブリュッセル・ゾリステン(後にイザイ弦楽合奏団と改称)を組織し、指揮者と独奏者を務めたことでも知られています。また、1980年に初来日を果たして以降、たびたび来日し多くのファンを獲得しました。
 この3枚組には、今回初出となる演奏を含む、バロックからロマン派の協奏曲が収録されており、たっぷりとしたヴィヴラートが特徴的な美音と、気品ある表現が魅力的な彼女の演奏は、時代を越えて聴き手の心を捉えることでしょう。またヴィターリとヴァンハルではフランス人ピアニストの夫ジャンティと共演。抜群のアンサンブルを披露しています。(輸入元情報)

【収録情報】


Disc1
1. J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 BWV.1041
2. ヴィターリ:シャコンヌ ト短調(ジャンティ編、ヴァイオリンと弦楽オーケストラ版)
3. ヴァンハル:ピアノ、ヴァイオリンと管弦楽のための協奏曲ハ長調

 ローラ・ボベスコ(ヴァイオリン)
 ハンス・ミュラー=クライ指揮、南ドイツ放送交響楽団(シュトゥットガルト放送交響楽団)(1,2)
 カール・リステンパルト指揮、ザール室内管弦楽団(3)
 ジャック・ジャンティ(ピアノ:2,3)

 モノラル録音
 1957年7月5日、Stuttgart, Villa Berg(1,2)
 1957年6月12日、Saarlouis, Saalbau(3)
 初出音源
Disc2
モーツァルト:
1. ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調 K.364(320d)
2. ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219『トルコ風』

 ローラ・ボベスコ(ヴァイオリン)
 ジュスト・カッポーネ(ヴィオラ:1)
 ザール室内管弦楽団(1)
 ハンス・ミュラー=クライ指揮、シュトゥットガルト放送交響楽団(2)

 モノラル録音
 1957年4月13日、Saarlouis, Saalbau(1)
 1962年5月20日、Schwetzingen/ライヴ(2)
 初出音源(1)
Disc3
1. ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61
2. サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番ロ短調 Op.61

 ローラ・ボベスコ(ヴァイオリン)
 ハンス・ミュラー=クライ指揮、シュトゥットガルト放送交響楽団

 モノラル録音
 1960年6月10日、Stuttgart, Villa Berg(1)
 1961年7月4日、Stuttgart, Villa Berg(2)
 初出音源(1)
 SWR放送所蔵のオリジナル・テープからのデジタル・リマスタリング

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヴァイオリン作品集に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品