CD 輸入盤

チョン・キョンファ 1998年東京ライヴ第1夜〜シューベルト、シューマン、バッハ(2CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKC4009
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

チョン・キョンファ衝撃の東京ライヴ第1夜(2CD)
1998年4月26日


ついに正規盤で登場!
「音楽が持つ根源的な力にじかに触れるような衝撃性」 許光俊

語り草となっている、1998年4月、チョン・キョンファの東京ライヴがついに正規盤で登場! ただならぬ集中力と緊迫感さえ伝わってくる衝撃のライヴです。情熱的で自由に演奏しているようでいて、ピアニストのイタマール・ゴランと一糸乱れぬ演奏をしております。ライヴでありながらこの完成度に驚きを隠せません。アンコールを含む1夜のライヴが再現された、チョン・キョンファのライヴ史上最高の演奏です。ブックレットも充実で、当日の公演に足を運んでいた許光俊氏、平林直哉氏が当日の演奏について、またチョン・キョンファの来日公演の仕掛け人である泉征郎氏がチョン・キョンファとの出会いからこれまでの来日公演についてそれぞれ熱く語っております。

「人々を驚かせたのは彼女の演奏の比類なき燃焼度の高さだった。小柄な東洋の女性が強烈な存在感で舞台を支配する姿に世界が息をのんだのだった。細かいことをあれこれ言うのも愚かしいと思われるほどの、音楽が持つ根源的な力にじかに触れるような衝撃性があったのである。」ライナーノーツより 許光俊(キングインターナショナル)

【収録情報】
Disc1
・シューベルト:ヴァイオリン・ソナタ第4番イ長調 D.574, Op.162『二重奏曲』
・シューベルト:幻想曲ハ長調 D.934, Op.159

Disc2
・シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ短調 Op.121
・J.S.バッハ:G線上のアリア BWV.1068-2
(以下、アンコール)
・クライスラー:愛の哀しみ
・ポルディーニ/クライスラー編:踊る人形
・ドヴォルザーク:ユモレスク
・ドビュッシー/ハイフェッツ編:美しい夕暮れ

 チョン・キョンファ(ヴァイオリン)
 イタマール・ゴラン(ピアノ)

 録音時期:1998年4月26日
 録音場所:東京、サントリーホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

 ディスクは国内プレスとなります。

内容詳細

チョン・キョンファの“伝説”とも言われる1998年のライヴ録音。豊かに響く音色、そして息の長い歌い回しで作品の内面に深く切り込んでいる。ソナタのように大きな作品はもちろん、小品での、一見突き放すかのようなクールさを見せながら、心に入り込んでくる真摯な想いを同居させた手腕はさすがだ。★(進)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この第一夜の公演は幸い生で聴きに行ってい...

投稿日:2013/07/04 (木)

この第一夜の公演は幸い生で聴きに行っていました。生々しい録音を聴いて、幸福な体験を思いだしました。以前、所謂「裏青」といわれる非正規音源CDRが出回るほど、評判の高い演奏会でした。高揚感と幸福感で満たされ家路の電車の混雑や腹立たしい酔漢も幻のようで、帰宅しても脳が興奮して早暁まで寝付けないような素晴らしさだった。持ち前の集中力の高さと激しさに加えて、年輪を増した安定感やまろやかな音色の厚み、優しさが加わり、良い意味でチョン・キョンファも大家へと変わったと思った演奏会でした。曲目は地味ながら、これはヴァイオリン好き以外でも、一度お試しをお勧めしたい音源です。

eroicka さん | 不明 | 不明

3
★
★
★
★
★
もう一枚の方は名古屋で聞きました。やはり...

投稿日:2013/05/30 (木)

もう一枚の方は名古屋で聞きました。やはりBachにすごく感動した記憶が蘇りました。これは、私の様な素人が評するレベルの演奏ではない。ただこうゆうCDが発売された事を感謝し、ひたすら聞く。今聞いている。6月の演奏会でChungさんは。すごく期待している。ひたすらききましょう。

laki さん | 愛知県 | 不明

2

ヴァイオリン作品集に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品