CD 輸入盤

ギドン・クレーメル/ザ・ワーナー・コレクション(21CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029511642
組み枚数
:
21
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ギドン・クレーメル75歳記念、テルデック、エラート、旧EMI録音全集

クレーメルは、音楽の世界のありきたりな道を避け、独自のスタイルを持って探索を続けています。アーノンクールと研究を求め、アルゲリッチとはソウルメイトであり、シュニトケやペルトとともに自由への情熱と信憑性の追求を組み合わせています。これらは、クレーメルが旧EMI、Teldec、Eratoのために20年以上にわたって行った録音で明らかにしています。
 1947年2月27日にラトビア(生誕当時はソビエト社会主義共和国連邦)の都市リガで生まれたクレーメルは、ドイツ語を話す音楽家の家族で育ちました。4歳からヴァイオリンをはじめ、1965年から1973年にかけてモスクワ音楽院でダヴィド・オイストラフに師事。この間、1967年、22歳の時にブリュッセルでのエリザベート王妃国際音楽コンクール3位に入賞し、1969年パガニーニ国際コンクールで優勝、1970年のモスクワでのチャイコフスキー国際コンクールで優勝。その後西側ヨーロッパでのツアーを開始し鮮烈なデビューを飾り、ザルツブルク音楽祭やアメリカでも名声を博しました。1980年にソ連を離れて西ドイツに亡命しました。その1年後、彼はオーストリアのロッケンハウスで、現代的で型破りな作品のプログラミングに焦点を当てた室内楽フェスティバルを設立。1992年に彼はバルト三国の若いミュージシャンで構成される室内オーケストラ、クレメラータ・バルティカを創設しました。
 才能があり、自由で、寛大で、創造的で、好奇心が強く、用途が広く、とりわけ誠実な芸術家であるクレーメルは、バッハ、ヴィヴァルディ、モーツァルト、ベートーヴェンなど、東から西、過去から未来まで、非常に幅広いレパートリーを演奏。ピアソラ、ペルト、ジョン・アダムズ、フィリップ・グラス、シュニトケ、ノーノ、グバイドゥリーナ・・・、最後の3人作曲家はクレーメルのために作曲もしています。彼は世界中の名アーテストと共演、カラヤン、バーンスタイン、アバド、マゼール、ロストロポーヴィチ、アーノンクール、バシュメット、アルゲリッチ・・・。このボックスには、クレーメルがエラート、テルデック、旧EMIのために録音したすべての録音が集められています。どこをとっても手応えある音楽的感覚とフレージングに支配されており、手抜きや流しなど一切感じられない演奏ばかりです。

※オリジナル・カップリングによるため、クレーメルが演奏していない作品も収録されております。
※ノンサッチ音源は収録されておりません。(輸入元情報)


【収録情報】
Disc1
● ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.77


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音:6-7.III.1976, Philharmonie, Berlin
Disc2
● ウェーバー:グランド・デュオ・コンチェルタンテ Op.48
● ヒンデミット:ヴァイオリン・ソナタ変ホ長調 Op.11-1
● シュニトケ:ヴァイオリン・ソナタ第2番〜第1楽章:クワジ・ウナ・ソナタ
● ロッシーニ:アンダンテと変奏曲


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 アンドレイ・ガヴリーロフ(ピアノ)

 録音:28.II & 1.III.1979, Bavaria Studios, Munich
Disc3
● シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47
● シューマン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 フィルハーモニア管弦楽団
 リッカルド・ムーティ(指揮)

 録音:25-26.VI.1982, London
Disc4
ベートーヴェン:
● ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61
● ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス第1番ト長調 Op.40
● ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス第2番ヘ長調 Op.50


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 ヨーロッパ室内管弦楽団
 ニコラウス・アーノンクール(指揮)

 録音:14-15.VII.1992 (Op.61:Live), Stefaniensaal, Graz
Disc5
シュニトケ:
● ヴァイオリン協奏曲第2番 (1966)
● きよしこの夜 (1978)
● 祝賀ロンド (1974)
● ヴァイオリン協奏曲第3番 (1978)


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 ヨーロッパ室内管弦楽団
 クリストフ・エッシェンバッハ(ピアノ、指揮)

 録音:XII.1993, Kammermusiksaal der Philharmonie Berlin
Disc6
『ル・シネマ〜フィルム・ミュージック』

● チャップリン:スマイル(映画「モダン・タイムス」より)
● ロータ:即興詩(センチメンタルな悪魔)
● イサーク・ドゥナエフスキー:映画「サーカス」によるファンタジー
● ピアソラ:タンティ・アンニ・プリマ映画「エンリコIV世」より)
● 武満 徹:ノスタルジア−アンドレイ・タルコフスキーの追憶に−
● デシャトニコフ:アブシャロムの死とタンゴ(映画「日没」より)
● ショスタコーヴィチ:ロマンス(映画「馬あぶ」より)
● ミヨー:屋根の上の牡牛(シネマ・ファンタジー)
● カンチェリ:ラグ - ギドン - タイム
● ロータ:即興詩 ニ短調(映画「愛のない愛人たち」より)

 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 オレグ・マイセンベルク(ピアノ)
 ベルリン・ドイツ交響楽団
 アンドレイ・ボレイコ(指揮)

 録音:V & XI.1996, Teldec Studio, Berlin
Disc7
● シュニトケ:弦楽三重奏曲
● ベルク/シュニトケ編:カノン
● シュニトケ:3人のための協奏曲
● シュニトケ:ミヌエット


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(チェロ)
 モスクワ・ソロイスツ
 ユーリ・バシュメット(ヴィオラ、指揮)

 録音:24-25.II.1995, Studio 103, Radio France, Paris (Live)
Disc8
● シュニトケ:ヴァイオリン協奏曲第1番 (1957 rev.1963)


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 北ドイツ放送交響楽団
 クリストフ・エッシェンバッハ(指揮)

 録音:III.1999, Sendesaal des NDR, Hannover

● ベルク:ヴァイオリン協奏曲『ある天使の思い出に』抜粋

 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 バーミンガム市交響楽団
 サー・サイモン・ラトル(指揮)

 録音:9-15.VII & 8-12.VII.1995, Symphony Hall, Birmingham
Disc9
シルヴェストロフ:
1. 献呈
2. ポスト・スクリプトゥム


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 ヴァディム・サハロフ(ピアノ)
 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
 ローマン・コフマン(指揮)

 録音:II.1995, Philharmonie Munchen (Live: 1)
Disc10
シューマン:
1. ピアノ協奏曲イ短調 Op.54
2. ヴァイオリン協奏曲ニ短調


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン:2)
 マルタ・アルゲリッチ(ピアノ:1)
 ヨーロッパ室内管弦楽団
 ニコラウス・アーノンクール(指揮)
 録音:VII.1992 , VII.1994, Stefaniensaal, Graz (Live)
Disc11
『わが故郷から〜バルトの音楽』

● ドゥヴァリョーナス:エレジー
● ペルト:フラトレス
● バルカウスカス:パルティータ
● ヴァスクス:ムジカ・ドロローサ
● ペレーツィス:それにもかかわらず
● プラキディス:2つのきりぎりすの踊り
● トゥール:コンヴェルシオ

 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 ヴァディム・サハロフ(ピアノ)
 ドイツ・カンマー・フィルハーモニー・ブレーメン

 録音:IV.1996, Teldec Studio, Berlin
Disc12
ブラームス:
1. ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.77
2. ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ短調 Op.102


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 クレメンス・ハーゲン(チェロ:2)
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
 ニコラウス・アーノンクール(指揮)

 録音:III.1996 , IV.1997, Het Concertgebouw, Amsterdam
Disc13
● エネスコ:幼き頃の印象 Op.28
● シュルホフ:ヴァイオリン・ソナタ第2番
● バルトーク:ヴァイオリン・ソナタ第2番 Sz.76
● プラキディス:2つのきりぎりすの踊り


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 オレグ・マイセンベルク(ピアノ)

 録音:I & V.1996, Teldec Studio, Berlin
Disc14
『ロシアを離れて〜魂の音楽』

● ストラヴィンスキー:ヴァイオリンと管楽四重奏のためのパストラール
● シュニトケ:ヴァイオリン協奏曲第4番
● ルリエ:交響的散文『ピョートル大帝の黒奴』〜同名のオペラに基づく交響的組曲
● ストラヴィンスキー:眠れる森の美女からの2つの編曲
● ルリエ:クロノスを称える葬送競技

 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 フィルハーモニア管弦楽団
 クリストフ・エッシェンバッハ(ピアノ、指揮)

 録音:IV.1996, Walsthamstow Assembly Hall, London
Disc15-16
● ピアソラ:タンゴ・オペリータ『ブエノスアイレスのマリア』


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 ラシオ・フェレール(語り)
 クレメラータ・ムジカ、

 録音:Autumn 1997, Wels & Spring 1998, Buenos Aires
Disc17
ヴァスクス:
● 遠き光〜ヴァイオリンと弦楽オーケストラのための協奏曲
● 声〜弦楽オーケストラのための交響曲


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン、指揮)
 クレメラータ・バルティカ

 録音:February 1998 & 1999, Casino Zogernitz
Disc18
ピアソラ:
● タンゴ・バレエ(デシャトニコフ編)
● 天使の協奏曲(グプタ編)
● 室内オーケストラのための3つの小品(ブラガート編)


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン、指揮)
 クレメラータ・バルティカ

 録音:II.1998 , IV.1998, Casino Zogernitz, Vienna
Disc19
ブリテン:
1. ピアノ、弦楽四重奏と弦楽合奏のための『若きアポロ』
2. ヴァイオリン、ヴィオラと管弦楽のための二重協奏曲 ロ短調
3. 2つの肖像
4. シンフォニエッタ Op.1


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 ユーリ・バシュメット(ヴィオラ)
 ニコライ・ルガンスキー(ピアノ)
 ハレ管弦楽団
 ケント・ナガノ(指揮)

 録音:6 & 8.II, 10-11.XI 1998, Bridgewater Hall, Manchester
Disc20-21
● シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ短調 Op.121
● バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Sz.117
● シューマン:子供の情景 Op.15
● バルトーク:ヴァイオリン・ソナタ第1番 Sz.75
● クライスラー:愛の悲しみ
● クライスラー:美しきロスマリン


 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)

 録音:11.XII.2006, Philharmonie, Groser Saal, Berlin (Live)

 録音方式:ステレオ(デジタル:Disc3-21、アナログ:Disc1,2)


ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヴァイオリン作品集に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品