CD 輸入盤

エリザベート王妃国際音楽コンクール ヴァイオリン部門 2009&2012 レイ・チェン、ロレンツォ・ガット、ヴィネタ・サレイカ、アンドレイ・バラノフ(4CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
QECDUO24
組み枚数
:
4
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

今や世界的に活躍するヴァイオリニスト4人のコンクール・ライヴ集

「世界三大コンクール」のひとつに数えられるエリザベート王妃国際コンクールの記録音源より、こんにち世界的に活躍する4人のライヴをリリース。収録時間にして約3分の2が初出音源で構成されているのも魅力です。
 ディスク1のレイ・チェンは2009年の第1位。今や世界的なソリストとして活躍し、メジャー・レーベルからCDをリリースしています。名作フランクのソナタやサン=サーンスのヴィルトゥオーゾ・ピースの初出音源が聴けるのは嬉しいところ。
 ディスク2のロレンツォ・ガットは同2009年の第2位。母国ベルギーを代表する音楽家として国際的に活動し、「ALPHA」レーベルからリリースしたベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集は高く評価されました。初出音源では彼のヴィルトゥオジティを堪能できます。
 ディスク3のヴィネタ・サレイカ(現在の姓はサレイカ=フォルクナー)は2009年のファイナリスト(Laureate)。フランダース交響楽団のコンサートマスターやアルテミス四重奏団の第1ヴァイオリンを経て、2023年にベルリン・フィルのコンサートマスターに就任し(女性として初)、同年の来日公演にも参加しました。ここでは様式も規模も異なる2曲の協奏曲を聴かせます。
 ディスク4のアンドレイ・バラノフは2012年の第1位。得意とするチャイコフスキーの名曲2曲に加えてモーツァルトの協奏曲も初出という嬉しい内容です。(輸入元情報)

【収録情報】"


Disc1
1. チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.35
2. フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
3. サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調 Op.28

 レイ・チェン
(ヴァイオリン)
 トマス・ホッペ(ピアノ:2,3)
 ギルバート・ヴァルガ指揮、ベルギー国立管弦楽団(1)

 ライヴ録音:
 2009年5月16日、ボザール(2,3)
 2009年5月30日、王立音楽院(1)
 初出音源(2,3)
Disc2
1. パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調 Op.6
2. エネスコ:ヴァイオリン・ソナタ第3番
3. イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第6番ホ長調 Op.27-6
4. サン=サーンス:ハバネラ Op.83

 ロレンツォ・ガット
(ヴァイオリン)
 エリアーヌ・レイエス(ピアノ:2,4)
 ギルバート・ヴァルガ指揮、ベルギー国立管弦楽団(1)

 ライヴ録音:
 2009年5月12日、ボザール(2-4)
 2009年5月26日、王立音楽院(1)
 初出音源(2-4)
Disc3
1. モーツァルト:1-3. ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219『トルコ風』
2. エルガー:4-6. ヴァイオリン協奏曲ロ短調 Op.61

 ヴィネタ・サレイカ
(ヴァイオリン)
 ポール・グッドウィン指揮、ワロニー王立室内管弦楽団(1)
 ギルバート・ヴァルガ指揮、ベルギー国立管弦楽団(2)

 ライヴ録音:
 2009年5月14日、ボザール(1)
 2009年5月25日、王立音楽院(2)
 どちらも初出音源
Disc4
1. ショスタコーヴィチ:1-4. ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 Op.77
2. モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 K.216
3. チャイコフスキー:懐かしい土地の思い出(瞑想曲) Op.42-1
4. チャイコフスキー:ワルツ・スケルツォ ハ長調 Op.34

 アンドレイ・バラノフ
(ヴァイオリン)
 ダナ・プロトポペスク(ピアノ:3,4)
 ギルバート・ヴァルガ指揮、ベルギー国立管弦楽団(1)
 ミヒャエル・ホフシュテッター指揮、ワロニー王立室内管弦楽団(2)

 ライヴ録音:
 2012年5月8日、フラジェ、スタジオ4(2)
 2012年5月11日、フラジェ、スタジオ4(3,4)
 2012年5月24日 ボザール (1)
 初出音源(2-4)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヴァイオリン作品集に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品