LPレコード

エディト・パイネマン ベルリン・リサイタル1970・1982 (アナログレコード)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WEITLP034
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤

商品説明

WEITBLICK レーベルからリリースされた貴重音源をLP 化。LP 用にリマスターを施し、アナログのマスターテープを作った上で LP 化しております。
ベルリンのSFB=RBB が放送用に録音した音源を用いている。すべて彼女が楽器を1732 年製グァルネリ・デル・ジュスに持ち変えた後の演奏であり、彼女が心技とも最も充実していた1970 〜 80 年代の録音であるのが嬉しい。しかもベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第4 番は彼女の初のレパートリーで、今のところ他で聴くことのできない曲目である。これらの録音に聴く彼女が描き出す旋律の極致は、濃紺明暗が細やかに変化した美妙なもので、その音楽には彼女の豊かな人間感情が投影されていて、当時流行していた「冷ややかな」演奏スタイルとは一線を画している。こうした芸風が、先にご紹介したスタインバーグ、ルドルフ、セルなど、ナチス・ドイツにヨーロッパを追われ、アメリカで活躍した指揮者たちに愛されたことは想像に難くない。(音楽評論家 板倉重雄)

[LP1-A]シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第1 番イ短調 Op.105
[LP1-B]ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2 番イ長調 Op.100
[LP2-A]シューベルト:ヴァイオリン・ソナタ(ソナチネ)第3 番 ト短調 D.408
[LP2-B]ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第4 番 イ短調 Op.23

エディト・パイネマン(ヴァイオリン)
ヘルムート・バルト(ピアノ)

(メーカーインフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. ヴァイオリン・ソナタ第1番イ短調 Op.105

ディスク   2

  • 01. ヴァイオリン・ソナタ(ソナチネ)第3番 ト短調 D.408

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヴァイオリン作品集に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品