CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 イェフディ・メニューイン/アニヴァーサリー・コレクション(30CD)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
なし
コメント
:
30枚組み / BOXすれ・傷み
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
600260
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)


メニューイン/アニヴァーサリー・コレクション(30CD)

2016年はメニューイン生誕100周年ということで、欧米でのネームヴァリューを考慮すると、WARNERほか各社から記念ボックスがリリースされるのではないかと思われますが、ドイツのメンブランからは、さっそく30枚組セットが登場することとなりました。内容は、EMI音源を中心に、ロイヤル・フィルを指揮したTRING音源も収録したもので、各ディスクはオリジナル・デザインをあしらった仕様の紙ケース入りとなっています。
 20世紀有数のヴァイオリニスト、メニューインは、ベラルーシから移民してきたユダヤ系ロシア人を両親に1916年、ニューヨークに誕生。早くからヴァイオリンに興味を示し、3歳からレッスンを受けて急速に上達、7歳で公衆の面前で演奏を披露したほどの腕前でした。以後、10代前半ですでに世界的な活躍を開始するなど、天才少年として大きな注目を集めながら演奏活動を続け、戦後まもなくキャリアの頂点を極めることとなります。
 メニューインはヒューマニストとしても知られており、第ニ次世界戦後、アメリカ楽壇のひんしゅくを買いながらもフルトヴェングラーを擁護、イスラエルから受勲したときも、演説でパレスチナへの占領活動を非難するなど、人権に対する公正な考えを常に示しており、欧米では大きな尊敬を集めてもいました。
 今回のセットには、モノラルからステレオ初期のEMI録音と、TRINGのデジタル録音を収録、若き日のソロから、晩年の指揮まで楽しむことができます。(HMV)


【収録情報】
Disc1
● シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 Op.47
 サー・エードリアン・ボールト指揮、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 1955年録音

● パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番
 アナトール・フィストゥラーリ指揮、ロンドン交響楽団
 1955年録音

Disc2
● ショーソン:ピアノ、ヴァイオリン、弦楽四重奏のための協奏曲 Op.21
 ルイス・ケントナー(ピアノ)、パスカル四重奏団
 1954年録音

● ヴュータン:ヴァイオリン協奏曲第5番
 サー・ジョン・プリッチャード指揮、フィルハーモニア管弦楽団

Disc3
● ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 Op.61
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮、ルツェルン祝祭管弦楽団
 1947年録音

Disc4
● バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮、フィルハーモニア管弦楽団
 1953年録音

● バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Sz.117
 1957年録音

Disc5
● パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第2番
 アナトール・フィストゥラーリ指揮、フィルハーモニア管弦楽団
 1950年録音

● パガニーニ:カプリース第24番
● パガニーニ:『うつろな心』による序奏と変奏曲
 1931年、1938年録音

Disc6
● ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 Op.77
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮、ルツェルン祝祭管弦楽団
 1949年録音

Disc7
● メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲Op.64
● ベートーヴェン:ロマンス第1番、第2番
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮、フィルハーモニア管弦楽団
 1953年録音

Disc8-10
● J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲
 1956年、1957年録音

Disc11
● ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 Op.77
 ルドルフ・ケンペ指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 1957年録音

Disc12
● バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番
 アンタル・ドラティ指揮、ミネアポリス交響楽団
 1957年録音

Disc13
● チャイコフスキー:『白鳥の湖』より
 エフレム・クルツ指揮、フィルハーモニア管弦楽団
 1958年録音

Disc14-15
● J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲
 バース祝祭管弦楽団
 1958年録音

Disc16
● ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 Op.61
 コンスタンティン・シルヴェストリ指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 1960年録音

Disc17
● J.S.バッハ:音楽の捧げもの
 バース祝祭管弦楽団
 1960年録音

Disc18
● チャイコフスキー:『眠りの森の美女』より
 エフレム・クルツ指揮、フィルハーモニア管弦楽団
 1959年録音

Disc19
● エルガー:ヴァイオリン協奏曲 Op.61
 エドワード・エルガー指揮、ロンドン交響楽団
 1932年録音

Disc20
● メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 Op.64
 エフレム・クルツ指揮、フィルハーモニア管弦楽団
 1956年録音

● ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
 ヴァルター・ジュスキント指揮、フィルハーモニア管弦楽団
 1958年録音

Disc21
● モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番 K.216
● モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 K.219『トルコ風』
 バース祝祭管弦楽団
 1961年録音

Disc22
● J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 BWV.1043
 ジョルジュ・エネスコ(ヴァイオリン)
 ピエール・モントゥー指揮、パリ交響楽団
 1932年録音

● J.S.バッハ:ヴァイオリン・ソナタ第3番 BWV.1016
 ワンダ・ランドフスカ(チェンバロ)

Disc23
● プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番
 マルセル・ガゼール(ピアノ)
 1948年録音

● バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Sz.117
 1947年録音

Disc24
● ラロ:スペイン交響曲
● サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ
● サン=サーンス:ハバネラ
 ユージン・グーセンス指揮、フィルハーモニア管弦楽団
 1956年、1957年録音

Disc25
● ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番『春』
● ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第10番
 ルイス・ケントナー(ピアノ)
 1953年録音

Disc26
● ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番『クロイツェル』
● ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第3番
 ヘプシバ・メニューイン(ピアノ)
 1934年、1936年録音

Disc27
● シューマン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調
 サー・ジョン・バルビローリ指揮、ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
 1938年録音

● サン=サーンス:ヴァイリオン協奏曲 Op.61
 ガストン・プーレ指揮、ロンドン交響楽団
 1953年録音

Disc28
● ドヴォルザーク:交響曲第8番
● ドヴォルザーク:弦楽セレナード Op.22
 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
 1994年録音

Disc29
● エルガー:創作主題による変奏曲『エニグマ』 Op.36
● エルガー:『威風堂々』第4番
 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
 1994年録音

Disc30
● チャイコフスキー:交響曲第6番『悲愴』
● チャイコフスキー:スラヴ行進曲
 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
 1994年録音

 イェフディ・メニューイン(ヴァイオリン:Disc1-27、指揮:Disc14-15,17,21,28-30)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
チャイコフスキーバイオリン協奏曲がない!...

投稿日:2016/01/16 (土)

チャイコフスキーバイオリン協奏曲がない!でもすばらしいセットだと思います。

HQ さん | 愛知県 | 不明

1

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品