SACD 輸入盤

Overtures, Orch.music: Kubelik Bohm Karajan

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4767349
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

※このハイブリッドSACDは、SACDマルチ・チャンネル音声と、通常CDステレオ音声の2つのレイヤーから構成されているため、2ch専用SACDプレーヤーでは、通常CDステレオ音声しか再生できません。

ワーグナー:管弦楽曲集
ベーム、ヨッフム、カラヤン、クーベリック

・ワルキューレの騎行
 ベルリン・フィルハーモニー
 ヘルベルト・フォン・カラヤン

・魔の炎の音楽
 ベルリン・フィルハーモニー
 ヘルベルト・フォン・カラヤン

・第3幕前奏曲
 ウィーン・フィルハーモニー
 カール・ベーム

・聖金曜日の音楽
 バイエルン放送交響楽団
 オイゲン・ヨッフム

・『さまよえるオランダ人』序曲
 バイロイト祝祭管弦楽団
 カール・ベーム

・ジークフリートのラインへの旅
 ベルリン・フィルハーモニー
 ヘルベルト・フォン・カラヤン

・ジークフリートの葬送行進曲
 ベルリン・フィルハーモニー
 ヘルベルト・フォン・カラヤン

・イゾルデの愛の死
 ベルリン・フィルハーモニー
 ラファエル・クーベリック、他

収録曲   

  • 01. Die Meistersinger Von Nuernberg
  • 02. Wagner, Richard - Ouvertuere
  • 03. Die Walkuere
  • 04. Wagner, Richard - Walkuerenritt (dritter Aufzug)
  • 05. Wagner, Richard - Feuerzauber (dritter Aufzug)
  • 06. Lohengrin
  • 07. Wagner, Richard - Vorspiel 3. Aufzug
  • 08. Parsifal
  • 09. Wagner, Richard - Karfreitagszauber (dritter Akt)
  • 10. Der Fliegende Hollaender
  • 11. Wagner, Richard - Ouvertuere
  • 12. Gotterdaemmerung
  • 13. Wagner, Richard - Siegfrieds Rheinfahrt (prolog)
  • 14. Wagner, Richard - Trauermarsch
  • 15. Tristan Und Isolde
  • 16. Wagner, Richard - Isoldes Liebestod (dritter Akt)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

2.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
買ったばかりのSACDプレーヤーで再生し...

投稿日:2013/03/10 (日)

買ったばかりのSACDプレーヤーで再生したがSACD層の再生が出来ない。このCDだけが出来ない。つまり【ただのCD】でしかない。よって音質の評価が出来ない。星は一つだが付けないと投稿できないので嫌々付けた。

独立屋さん さん | 大阪府 | 不明

2
★
☆
☆
☆
☆
これもマスタリングを失敗しています。SACD...

投稿日:2011/09/18 (日)

これもマスタリングを失敗しています。SACDとは思えない音の悪さです。空気感の表現が全く感じられません。このシリーズの購入は今回で2回目ですが,今度も失敗でした。音を気にしない人向きです。

バリトン さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
歴史的な名指揮者が指揮したワーグナーの珠...

投稿日:2009/10/03 (土)

歴史的な名指揮者が指揮したワーグナーの珠玉の名演を集めた好企画CDだ。本CDのミソは、SACDマルチチャンネルであるということで、本盤におさめられた名演を現在望み得る最高の音質で味わうことができる点が素晴らしい。特に、音質面ですばらしいと思ったのは、カラヤンによるワルキューレと神々の黄昏からの抜粋。昨年には、4部作全曲がSHM−CD化され、それもなかなか見事な音質ではあったが、本盤の音質はそもそも次元が違う。逆に言うと、本盤を聴いて、ないものねだりながら、4部作全曲をSACDマルチチャンネルで聴きたくなってしまった。次いで、ベームのローエングリーンとさまよえるオランダ人が見事であり、オペラの舞台が眼前に迫ってくるかのような実在感が見事である。他の諸曲も鮮明であるが、ニュルンベルクのマイスタージンガーだけは、オリジナルテープの劣化のせいか、やや音質に難があるのは残念であった。費用対効果を考えると、ワーグナーの音楽を最高の音質と演奏で味わうのに最高の一枚であると評価したい。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

0

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品