CD 輸入盤

管弦楽作品集 テンシュテット&ロンドン・フィル(ライヴ)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
LPO0003
組み枚数
:
1
レーベル
:
Lpo
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

※LPOレーベルより、収録日と収録場所の訂正連絡がございました。商品裏面には1988年5月6日、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでの録音と印刷されていますが、正しくは、1992年8月20日、ロイヤル・アルバート・ホールでの録音ということです。この点、ご了承のうえお求めくださるよう宜しくお願いいたします。


テンシュテットのワーグナー・ライヴ!

まず驚くのは音の状態が大変良いこと。年代が年代だけに当然ともいえますが、ライヴ録音の難しさを考えると、この透明感と立体感を備えた迫力ある音質は驚異的というほかありません。
 マスタリングはアンドルー・ラングがおこなっており、『マイスタージンガー』での対位法のラインの面白さや、『ワルキューレの騎行』や『リエンツィ』での小太鼓のシャープな質感の再現といった難易度の高い要素も軽くクリアしています。

・ワーグナー:楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕前奏曲
・ワーグナー:歌劇『リエンツィ』序曲
・ワーグナー:楽劇『神々の黄昏』−「夜明けとジークフリートのラインへの旅」
・ワーグナー:楽劇『神々の黄昏』−「ジークフリートの葬送行進曲」
・ワーグナー:楽劇『ワルキューレ』−「ワルキューレの騎行」
・ワーグナー:歌劇『タンホイザー』−序曲とヴェーヌスベルクの音楽

 ロンドン・フィルハーモニック
 クラウス・テンシュテット(指揮)

1992年8月20日、ロイヤル・アルバート・ホールでのステレオ録音

収録曲   

  • 01. Die Meistersinger von Nurnberg: Act 1 Prelude
  • 02. Rienzi: Overture
  • 03. Gotterdammerung: Dawn and Siegfried's Rhine Journey
  • 04. Gotterdammerung: Siegfried's Funeral Music
  • 05. Die Walkure: Ride of the Valkyries
  • 06. Tannhauser: Overture
  • 07. Tannhauser: Venusberg Music

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
重戦車の如き大迫力のサウンドです。オケのノリが...

投稿日:2008/07/10 (木)

重戦車の如き大迫力のサウンドです。オケのノリが凄い!音の一つ一つに、熱い魂が籠もっています。気宇壮大という言葉がピッタリです。そして何より音質のよいこと!かつてEMIが録音したBPO盤を聴いたとき、演奏内容は素晴らしいのに録音がそれを十全に捉え切れていないうらみがあって、イマイチ好きになれませんでした。しかし、この優秀録音のお陰で、欝憤を晴らすことが出来ました。テンシュテットはライヴになると、また一段と情熱的になりますね。しかもただ熱いだけでなく、何とも言えないコクがあって最高です!

4
★
★
★
★
☆
月並みな言い方ですが、オケを「分厚く鳴ら...

投稿日:2005/12/08 (木)

月並みな言い方ですが、オケを「分厚く鳴らす」ことができる人ですね。音が塊のようにヴォーンと飛んでくる感じは、テンシュテットの特徴ですね。確かに、ワルキューレの騎行、葬送行進曲はムラヴィンスキーが、タンホイザーはカラヤンの方が僕は好きですが、リエンツィはこの曲のベストではないでしょうか?

四十路男 さん | 神奈川県大和市 | 不明

1
★
★
★
★
★
蜜のように艶やかで、甘く熱いワーグナーで...

投稿日:2005/07/02 (土)

蜜のように艶やかで、甘く熱いワーグナーですね。剛毅な面だけではなく、bravoさんの仰る通り、官能的な演奏で楽しめました。お気に入りのワーグナーになりそうです。あとイエダン・スヴェトラのワーグナー集(もう廃盤なのかな?)もエッチっぽくていいですよー。ワルキューレは完全にイッちゃってるし。

イナゾー さん | 札幌市 | 不明

2

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド